パラリンピック/ブルーインパルス2021の飛行ルートと時間は?見えやすい場所はどこ?

おでかけ

ブルーインパルスの航空自衛隊のアクロバットチームによって、2021年7月23日に行われた東京オリンピックの開会式当日、都内上空をカラースモークで五輪が描かれましたね。

世田谷在住の私は区内の大きな公園から、その飛行を生で見ることが出来ました。

パラリンピック2021開会式当日もブルーインパルスが都内を飛行するとのことですので、その飛行ルートと時間がとても気になるところですね。

ここでは、ブルーインパルスの飛行ルートや飛行時間を解説。予行飛行があるのかや、パラリンピック当日の見えやすい場所も解説します。

8/17にパラリンピックのブルーインパルスの飛行ルートが発表されました(8/17追記)

8/21に予行飛行の日時が発表されました(8/21追記)

8/23に開会式当日の展示飛行の時間が発表されました(8/23追記)

パラリンピック/ブルーインパルス2021の飛行ルート

航空自衛隊のブルーインパルスは、東京オリンピックの開会式当日の日中の飛行に加え、パラリンピック開会式当日も都内上空を飛行することが決まっています。

東京パラリンピックの開会式は8月24日(火曜日)20時~に行われますので、同日の日中に、都内上空を飛行するという事になります。

パラリンピックのブルーインパルスの飛行ルートは、7/30現在発表はありません。

いつ発表されるのか気になりますよね。

では、7/23のオリンピックの場合はどうだったのでしょうか。

まず、本番の2日前の7/21にテスト飛行がありました。

パラリンピックの前にも、テスト飛行がある可能性は高いです。飛行ルートがオリンピックの時と違うならなおさらです。

そして本番の飛行ルートがこちら

8日前の7/15に、航空自衛隊のTwitterで発表がありました。

以上のことから推測すると、8/15前後に航空自衛隊のTwitterにて飛行ルートの発表、8/21~23辺りにテスト飛行がある可能性があります。※推測です

<追記>

渋谷上空からスタートし、パラリンピックのシンボルカラーである赤、青、緑の3色のカラースモークを噴射しながら、東京タワーやスカイツリー上空などを飛行します。

カラースモークは噴射しますが、シンボルマークは描かない、という事です。

パラリンピック/ブルーインパルスの予行飛行

航空自衛隊によると21~23日のうち1日で本番と同じルートで予行の予定です。<8/17追記>

ブルーインパルスの予行飛行が8/22 14時~14時15分ごろと発表されました。<8/21追記>

パラリンピック/ブルーインパルス2021の飛行時間

<追記・最新情報>

パラリンピック開会式当日の展示飛行の時間は、14:00~14:15です。

特定の場所でシンボルを描く予定はなく、東京都内上空を広く周回する予定となっています。

飛行時間に関してはTwitterやホームページで、後日発表するそうです。<8/17追記>

飛行ルートと同じく、7/30現在発表はありません。

飛行時間に関しては、オリンピック開会式当日も三密回避のためギリギリまで発表されなかったので、パラリンピックの飛行時間に関しても同じ措置が取られると考えます。

 

オリンピック開会式当日の11時半ごろ航空自衛隊のTwitterで発表されました。

飛行予定時間の約1時間前に発表となっています。

おそらく、今回も同じようになるのではないでしょうか。

いち早く知りたい場合は、航空自衛隊のTwitterをフォローして、通知をONにするのが良いかもしれませんね。


パラリンピック/ブルーインパルス2021の見やすい場所

まだ飛行ルートが発表されていませんが、確実なのは国立競技場周辺ではありますが、オリンピック開会式当日は、ブルーインパルスの飛行を見るために、たくさんの人が集まってしまってましたね。

私は、居住している所から歩いて行ける公園でみましたが、その時の経験から周りに高い建物がない開けた場所が良いと思います。

ビルの合間を一瞬抜けていくのではなく、遠くから飛んでくるブルーインパルスを見ることができます。

それでは、どこがあるでしょうか。いくつか紹介しますね。

新宿御苑

有料ではありますが、とても広い公園です。しかも国立競技場にも歩いていけなくはない距離です。

代々木公園


ここは無料の大きな公園です。

国立競技場からも遠くないので、確実に見ることが出来ると思います。

六本木ヒルズ

こちらのTwitterにある「ライブラリー」は会員制施設ですが、屋上デッキや展望台からも見えたそうです。

新宿伊勢丹

百貨店の屋上も狙い目かもしれませんが、緊急事態宣言で閉鎖の場合もありますので、事前に調べることをおすすめします。

その他にも青山霊園皇居外苑もおすすめですよ。

都内在住であれば飛行ルートがわかれば、ご自宅の近くから見られるかどうかもわかりますが、ルートによっては見れない場合もあります。

密を避けながら、絶好のポイントを見つけられたらいいですね!

<追記>

今回も、足立区や葛飾区上空を飛行しますね。また、スカイツリーや東京駅からもよく見えそうです。

 

\スマホじゃ、上手く撮れないんです、、、限界があって。でも、コレなら大丈夫!/

ブルーインパルスのカラースモークは?

ブルーインパルスは、パラリンピックの開会式が行われる8月24日にも都内上空を飛行し、シンボルマークに使われている赤、青、緑の3色の「カラースモーク」で上空に線を引く予定です。

飛行ルートは、まだ発表されていませんが、オリンピックの開会式当日と同じコースを飛行する可能性もあります。

オリンピックの開会式当日は、晴れてはいたものの雲が多いお天気で、場所によってはカラースモークがきれいに見れませんでした。

もう一度、同じコースを飛行しても、十分楽しむことができます。

 

オリンピックの開会式のブルーインパルスの海外の反応

先立って行われたオリンピックの開会式当日(7/23)のブルーインパルスの飛行に関して、海外の反応はどうだったのでしょうか?

国内では、都内に住む多くの人がその時間空を見上げて感嘆を上げましたが、海外の方々もSNSで反響がありました。

また、海外メディアでも画像や動画で報道されたようです。

中国の新華社通信は「航空自衛隊のブルーインパルスの航空機は、2021年7月23日に東京で開催される東京2020オリンピックの開会式に先立ち、航空ショーに参加します。」との文面で、合計12枚の画像とともに曲技飛行の様子を伝えています。

また、タイのニュースサイト、Khaosodは「伝説的なブルーインパルス戦隊が東京の大都市を飛び回り、オリンピックの開会式に先立って日本の首都から歓声を上げました。」と、ブルーインパルスの飛行が日本を盛り上げたことを報じました。

ニュースサイト訪日ラボ

このようにTwitterで探せば、多くの海外の方もこの航空ショーを楽しみ、感嘆のツイートがすぐに見つかります。

 

\うわゎ!すごくカッコイイ!!今すぐ欲しい!/

さいごに

以上、「パラリンピック/ブルーインパルスの飛行ルートと時間は?見えやすい場所はどこ?」をお届けしました。

オリンピック開会式当日は、雲が多く綺麗に見れなかった人もいると思います(私もその一人です)。

実際に見ると迫力もすごいし、そのスピードにも驚かされるし、何より周りで一緒に観ている人との間に一体感が生まれます。

自粛ばかりで人との関わりが少なくなってるので、その一体感にも感動を覚えます。

ただ、くれぐれも静かに密を避けて、感動するのがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました