生活

たけのこの白いつぶつぶの粉はカビなの?その正体と簡単な取り方を解説します!

今では、たけのこの水煮が年中スーパーに並んでいて、いつでも食べることができます。

煮物やお味噌汁に使おうと、たけのこの水煮を購入したのはいいけれど、たけのこの内側に白いつぶつぶとした粉のようなものが付いていて、これはカビなの?食べていいものなの?と、悩んだことはありませんか?

ここでは、その白いつぶつぶの粉の正体や、簡単にとる方法をご紹介します。

たけのこに白いつぶつぶの粉が付いている!

スーパーで何気なくタケノコの水煮を買ってきて、いざ袋から取り出して包丁で縦に切ってみると、、、

白いつぶつぶとした粉のようなものが、ぎっしりと、たけのこのヒダヒダに付いていて、その正体がわからず「カビかもしれない」と、しっかり時間をかけて洗い流したりしていませんか?

私も結婚して間もないころ、この正体が分からず洗っていました。

でも、この白いつぶつぶの粉のようなものは、洗い流さなくてもよかったのです。

スポンサーリンク

たけのこの白いつぶつぶの正体は?

この白いつぶつぶ、カビじゃありません!洗い流さなくてもいいです。

この白いつぶつぶの粉のようなものはアミノ酸の一種のチロシンです。

人間の身体は全てタンパク質でできていて、髪の毛も爪も筋肉もタンパク質です。

生命をつくる大切な栄養素タンパク質はアミノ酸によってつくられています。アミノ酸のおかげで私たちは成り立っているのです。

チロシンって身体にいいの?

チロシンは、脳を興奮状態にしてやる気を出させ多幸感や快楽をつかさどる「ドーパミン」や、脳を緊張状態にして集中力を高める「ノルアドレナリン」の材料になっています。

チロシンは、こうした神経伝達物質の原料となっているため、やる気が出たり、ストレスの軽減のために積極的に摂りたい栄養素ですので、身体にはいいものです。

チロシンは積極的に摂りたい栄養素なのでサプリメントもあります。そのくらい大切な栄養素なんですね。

チロシンが含まれている他の食品は、バナナ・りんご・アボガド・かぼちゃ・乳製品・大豆・ナッツ類・たらこです。

やる気が出たり、ストレスが軽減されるなら、是非積極的に食べたいですね。

        \やる気が出たり、ストレスの軽減に国産チロシン!!/

たけのこの白いつぶつぶを取りたい時

身体にいいものだと理解はしたけど、やっぱり気になって取りたいという方は、水道水で洗い流してください。

指で、ひだの中も優しく洗い流しましょう。ひだが狭くて指が入らない、たけのこの上部は、爪楊枝の持つ方(通常使用する先のとがった方ではない方)で、優しくなでるように擦れば取れます。

また、煮てしまう、という方法もあります。

チロシンは、水で煮たたけのこを冷やしたことによって結晶化したものですので、再度煮ることによって溶けてしまいます。

煮てしまえば溶けてしまうのだから、お味噌汁や煮物にしてしまえば全く残りませんし、炒め物に使っても、野菜の水分もあって、チロシンが残ることはありません。

我が家では、たけのこの白いつぶつぶがチロシンと知ってからは、チロシンを取ることはせず、さっと水洗いしてそのまま使っています。

たけのこの水煮の保存の仕方

たけのこは水で煮た後、放置しておくと灰汁やえぐみが出てきてしまいます。

なので、スーパーでたけのこの水煮を買ってきた場合も、開封したらできるだけ食べきってしまった方がよいです。

でも、使いきれない時もありますよね。

そんな時は、タッパーやジップロックに水と一緒に入れて、翌日には使い切るようにした方がいいでしょう。

我が家は、夕飯の調理で余ってしまったら、強制的に翌日のお味噌汁に入れてしまいます。

たけのこを使ったレシピ

たけのこのチロシンは、ブドウ糖と一緒に摂取すると吸収が良くなるそうなので、炊き込みご飯にするのがオススメです。

脳が働くためにエネルギー源となるのはブドウ糖だけです。ブドウ糖は主に炭水化物に含まれ、チロシンはブドウ糖と組み合わせる事でより効率よく脳にパワーを送り込むことが出来ます。気持ちが晴れない時や、やる気を起こしたい時にはチロシンたっぷりの筍ご飯や筍料理などを試してみてはいかがでしょうか。

引用元:http://www.nissei-hp.com/info/2011/04/

さいごに

以上、「たけのこの白いつぶつぶの粉はカビなの?その正体と簡単な取り方を解説します!」をお届けしました。

たけのこの白いつぶつぶは、身体に必要な栄養素であることがわかりましたね。

春は、たけのこが美味しい旬の季節です。

やる気が出たり、ストレスの軽減のために積極的に摂って、毎日を元気に過ごしたいですね。