太宰府天満宮初詣2023の人数と混雑具合!屋台や参拝時間も!

初詣

太宰府天満宮は福岡県でで学問の神様として有名な天満宮で、初詣にも受験合格を願う学生や保護者たちを始めとして多くの参拝客で賑わいます。

2023年の太宰府天満宮の初詣にどのくらいの人数が参拝するのか、混雑具合が気になりますよね。

また初詣と言ったら屋台!

屋台を楽しみに初詣にいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、2023年の太宰府天満宮の初詣の人数や混雑具合、そして屋台の出店の有無や押さえておきたい参拝時間についても解説しています。

スポンサーリンク

太宰府天満宮初詣2023の人数は?

例年、太宰府天満宮では正月三ヶ日は約200万人の参拝客で賑わいます。

ここ数年は、感染状況もによって分散参拝が呼びかけられていましたので、例年よりは少ない人数の初詣となっていました。

しかし、2023年はほぼ正常の生活に戻ってきていますので、例年通りに近い約200万人の参拝客が訪れることが見込まれています。

スポンサーリンク

太宰府天満宮初詣2023の混雑具合

太宰府天満宮初詣2023の混雑具合ですが、大晦日から1月3日にかけては混雑が予想されます。

初詣の参拝客が約200万人の太宰府天満宮は、九州の初詣で堂々第1の参拝者人数を誇ります。

ですので、正月三が日に混雑する事は避けられません。

また太宰府天満宮には菅原道真公が祀られていて、学問の神様としては日本で1番有名といってもいい位ですので、熱心な方は県外からも合格祈願とともに初詣に訪れる方もいらっしゃいます。

特に混雑する時間帯

  • 大晦日:23時~1月1日2時ごろ
  • 1月1日:9時~16時
  • 1月2・3日:9時~16時

これらの時間帯は特に混雑する時間ですので、混雑を避けて参拝したい方は、3が日は避けるのが賢明です。

三が日に参拝したい方は、早朝か夕方がおすすめです。

太宰府天満宮初詣2023の屋台情報

太宰府天満宮の初詣では、例年多くの屋台が出て初詣参拝客のお腹を満たしてくれます。

昨年も屋台が出店していましたので、2023年の初詣でも屋台は間違いなく出店されるでしょう。

屋台が出展される場所は、西鉄太宰府駅から太宰府天満宮までの沿道です(正月3が日)

屋台の種類は以下の通りです。

  • 梅が枝餅
  • はしまき(お好み焼き)
  • 焼き鳥
  • タコ焼き
  • イカ焼き
  • フルーツ飴
  • わたがし
  • お面
  • くじ引き
  • スーパーボールすくい など

屋台の出店の他にも、太宰府天満宮周辺には太宰府天満宮にちなんだカフェやランチを提供しているお店が多くありますので、屋台の他にも楽しむことができますよ。

例えば、スターバックス太宰府天満宮表参道店は、ヒノキ材を約2,000本使用して作られた「枝」がモチーフとなっている和風の店舗となっていますし、筑紫庵(つくしあん)本店の「太宰府バーガー」や「合格バーガー」、やまやの明太フランスなど、福岡の太宰府天満宮に来なければ食べられないといったものもあります。

特に合格祈願で来られる方は、「合格バーガー」は要チェックですよね!!

ところで、初詣の屋台も楽しみですが、お正月と言ったら福袋も楽しみです!とりあえずcheしてみませんか?↓↓

>>楽天で福袋のランキング1位を見てみる

>>Amazonで売られている2023年の家電の福袋を見てみる

>>ヤフーショッピングで2023年の家電の福袋を見てみる

太宰府天満宮初詣2023の参拝時間

太宰府天満宮

太宰府天満宮の正月開門・開門時間については、太宰府天満宮の公式ホームページによりますと以下のようになっています。

12月31日は6時30分に開門し、正月三ヶ日は24時間開門

1月4日の夜はご参拝の状況により、閉門

太宰府天満宮では大晦日の朝6時30分から正月三が日は24時間いつでも参拝が可能となっています。

\この冬はコレが面白い!おうちの中でどこでもぬくぬく!/

太宰府天満宮初詣2023の基本情報

◆名称:太宰府天満宮

◆住所:福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号

◆参拝時間:(通常)
<開門>
・春分の日より秋分の日の前日まで 6時
・上記以外の日 6時半
<閉門>
・4月5月9月10月11月 19時
・6月7月8月 19時半
・12月1月2月3月 18時半

◆料金:境内自由(菅公歴史館は入館大人200円、宝物殿は拝観大人500円)

◆アクセス:西鉄「太宰府駅」徒歩約5分

◆TEL:092-922-8225

◆参考:太宰府天満宮公式ホームページ

太宰府天満宮は、菅原道真公(天神さま)を祀る全国約1万2000社の総本宮で、学問・文化芸術の神様として厚く信仰され、受験生をはじめ年間1,000万人もの参拝者が訪れます。

入学試験や資格試験、採用試験などの祈願祭に参加することができます。

ご神前にて名前と住所を読み上げてもらうことで、天神さまのご神徳をいただけますので、試験を控えたご親戚がいる方は福岡観光の際に立ち寄ってみるのにお勧めです。

学問の神様として知られている太宰府天満宮ですが、実は広い境内の中に、安産や縁結びのパワースポットもあります。

カップルで初詣にいかれた際には、ぜひ立ち寄ってみたいスポットですよね。

夫婦樟(めおとくす)は夫婦が寄り添うような姿に見えるということで、縁結びのパワースポットされています。

\充電式カイロはモバイルバッテリーとしても使えて冬の便利グッズですね!/

太宰府天満宮初詣2023の駐車場

太宰府天満宮には参拝者用の無料の駐車場はありませんが、天満宮が管理している有料の駐車場が少し離れたところにあります。

初詣期間は営業時間が延長されます。

<太宰府駐車センター>

◆台数:834台

◆料金:普通車500円(1回)

◆営業時間:8:00~17:00

また、公式ホームページに1番近い駐車場として「太宰府パーキング」という駐車場が記されています。

しかし、太宰府天満宮の専用の駐車場というわけではなく、1番近い駐車場という事のようです。

<太宰府パーキング>

◆台数:63台

◆料金:最初の1時間400円/30分毎100円

◆営業時間:8:00~17:30

コインパーキング等は周りに点在していますが、初詣の期間は近い駐車場は満車になっている可能性は高いですので、公共交通機関を使って行くこともご検討された方が良いかもしれません。

\お正月の旅行や宿泊も楽天ポイント貯めるの、忘れないで!/

太宰府天満宮初詣2023の交通規制

太宰府天満宮の初詣では、大変な混雑が予想されることから、広い範囲で交通規制が行われます。

車両の進入禁止や一方通行がありますので、車で参拝で来られる方は事前に確認してくださいね。

出典元:太宰府天満宮公式ホームページ
\お正月にいかがですか?カニが食卓に並ぶだけで豪華なご馳走!来客も怖くない!/

太宰府天満宮初詣2023のまとめ

以上「太宰府天満宮初詣2023の人数と混雑具合!屋台や参拝時間も!」をお届けしました。

太宰府天満宮は、九州で1位を誇る参拝人数200万人を誇る人気の初詣スポットです。

学問の神様として有名で、受験を控えた学生や保護者の参拝も多く、合格祈願にちなんだお守りやグッズ、食べ物もたくさん売られています。

太宰府天満宮へ初詣にお参りに行かれる方は、暖かくしてお出かけくださいね。

タイトルとURLをコピーしました