越後丘陵公園のバラ(秋・春)2022の見頃と開花状況!7種の香りを楽しむローズガーデン

バラ

新潟県長岡市の国営越後丘陵公園は、四季折々の自然や花々が楽しめる公園で敷地面積が約400ha(東京ドーム85個分)という大きな公園です。

ここでは、越後丘陵公園のバラ園についてまとめています。

バラといえば春と秋の年2回見頃があって、バラの美しさにファンも多い花の一つです。

越後丘陵公園のバラの見頃や開花情報と、7種の香りを楽しむことができるバラ園とはどういうものなのかを解説しています。

越後丘陵公園の基本情報

越後丘陵公園

◆名称:国営越後丘陵公園

◆住所:新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950番1

◆TEL:0258-47-8001

◆開園時間:

4月9時30分~17時
5月~8月9時30分~18時
9月~10月9時30分~17時
11月~3月9時30分~16時30分

◆定休日:
・4月~12月不定休
・12月26日~1月1日
・1月〜3月の月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

◆入園料:大人450円・子供(中学生以下無料)・シルバー(65歳以上)210円
※冬季(12~3月)は無料

◆アクセス(バス):
【ウェルカムゲート】
JR長岡駅 → 「越後丘陵公園」下車(約40分/450円)
JR長岡駅 → 「陽光台4丁目」下車(約40分/400円)降車後ウェルカムゲートまで徒歩約10分

【里山口】
JR長岡駅 → 「親沢」下車(30分/350円)降車後、里山口まで徒歩約20分※冬季閉鎖

◆駐車場:普通車320円/二輪車100円
・ウェルカムゲート駐車場 1,850台
・里山口駐車場 27台
・あそびの里駐車場 208台

越後丘陵公園
出典元:越後丘陵公園公式ホームページ

越後丘陵公園はくの字のような形をしていて、真ん中あたりの曲がったところより下側が里山フィールドミュージアムとなります。

自然豊かな森の中に水辺の地区やあそびの里などがあり、手が加えられていない自然が多く残されています。

真ん中あたりの曲がったところの上側にはウェルカムゲートがあり、バラ園や花の丘、ふれあいの森などがあります。

展望台から公園を見渡せるようにもなっていて、散策やお散歩に最適ということで健康ゾーンと言われています。

四季を通して多様に利用できる広場空間エリアで、子供からお年寄りまで楽しさを満喫できるエリアとなっています。

県内にとどまらず、関東などからも観光客が訪れる公園で、春~秋の花畑、秋の紅葉、冬のゲレンデと一年を通して自然と一緒に過ごせると人気です。

越後丘陵公園のバラ(秋・春)2022の見頃

越後丘陵公園

1年を通して楽しめる公園ですが、その中でも特に目を引くのがバラ園です。

園内には約800種2,400株のバラが植えられています。

見頃時期になりますと辺り一帯が甘いバラの香りに包まれて来園者を楽しませてくれます。

春バラの見頃:5月末~6月下旬

秋バラの見頃:10月初旬~10月下旬

バラの開花はその年の気候によって多少変わりますが概ねこの時期です。

春バラの方が淡い色の可愛らしいものが多く、秋バラはシックで落ち着いたバラという印象があります。

また、春バラの方が数が多く、秋バラは春バラの3分の2程度が開花します。

秋バラは春バラに比べゆっくりと開花が進むので花色と花形が良く、花の香りも長く楽しむことができるのが特徴です。

越後丘陵公園のバラ(秋・春)2022の開花状況

越後丘陵公園のバラ(秋・春)の開花状況については、越後丘陵公園はの公式Twitterで投稿されますので、チェックされると良いですよ。

実際に行った方のTwitterやインスタグラムも参考になります。

越後丘陵公園の香りのバラ園

越後丘陵公園の香りのバラ園は各テーマに沿った7エリアで構成されています。

また、世界初となる香りの品種毎にばらを区分して、それぞれの特性を強く感じることの出来る「香りのエリア」が作られました。

バラ園のマップ

出典元:国営越後丘陵公園公式サイト

バラ園の7つのエリア

  • 香りのエリア
  • 色彩のエリア
  • ばらと草花のエリア
  • 原種・オールドローズのエリア
  • 日本の野生バラのエリア
  • 殿堂入りしたばらのエリア
  • 国際香りのばら新品種コンクール受賞作品のエリア

越後丘陵公園のばらの香りエリアが面白い

越後丘陵公園のバラ園の【香りのエリア】は、バラの香りの魅力を知ってもらおうと、香りの品種ごとに7分類に分けて植栽されています。

バラの香りは、香気成分の科学分析に官能評価(嗅いで感じた香り)を加えて、香りのタイプが大きく7分類されるそうです。

ダマスク-クラシックの香り

ヨーロッパ原産のばら(ガリカ・ダマセナなど)の強い甘さと華やかさをあわせもっています。

ダマスク-モダンの香り

クラシックよりもより情熱的な香り

ティーの香り

上品で優雅な印象の香り。

フルーティーの香り

ピーチ・アプリコット・アップル様などフレッシュな果実の香りを思い起こさせる香り。

スパイシーの香り

ダマスク・クラシックの香りをベースに、スパイスとして使われるクローブ(丁子)に似たの香りをやや強く感じる。

ブルーの香り

ダマスク・クラシックの香りにティーの香りが混じる奥深い香り。ブルー系の品種に多い。

アニス(ミルラ)の香り

やや青くささを強めた香りですが、ダマスク系やティー系の香りとよく調和します。イングリッシュローズに多くあります。

越後丘陵公園の香りのバラまつり2022春・秋

香りのばらまつり春

◆期間:2022年5月28日(土)~6月19日(日)

◆主なイベント:バラに関する講演会・ローズマルシェ(バラの花苗、雑貨販売)・ガイドツアー・早朝開園

開花したての最も香り高いバラをお楽しめる早朝開園(7時)が日付限定であります。

2022年5月28日(土)・5月29日(日)・6月4日(土)・6月5日(日) 7:00開園

香りのばらまつり秋

◆期間:10月上旬~10月下旬(※昨年情報2021年10月2日(土)~10月24日(日))

◆主なイベント:バラ栽培講習会・バラ関連グッズ販売(バラの苗木、雑貨など)

ばら育種家をお招きしての講演会や当公園独自のバラの冬越しテクニックを紹介する栽培講習会が人気です。

さいごに

以上「越後丘陵公園のバラ(秋・春)2022の見頃と開花状況!7種の香りを楽しむローズガーデン」をお届けしました。

バラの香りのタイプ別に区分けするという珍しい植栽の仕方をしているのが面白いですね。

実際に行ってバラの香りの違いを是非感じてみてください!

タイトルとURLをコピーしました