山下公園のバラ園2022の開花状況と見頃は(春・秋)?駐車場情報やアクセスも!

バラ

横浜市の横浜港にある山下公園は、横浜の代表的な観光スポットで、海に沿った公園には季節の花たちが植えられ、よく手入れされた大変美しい公園です。

特に山下公園ではバラが大変美しく、春と秋の年2回見頃を迎え、海と空と客船とバラが、うっとり目を奪われるほどの景色を作り出します。

平成28年から「未来のバラ園」としてリニューアルオープンしています。

ここでは、2022年の山下公園のバラの開花状況や見頃時期を解説します。

駐車場やアクセスについてもまとめました。

私は、休日に訪れる時は車で行くことが多いのですが、意外とすんなり停めることが出来ますので、車を使う方は参考になさってくださいね。

横浜イングリッシュガーデンのバラ2022の見頃は?料金や営業時間も解説します
横浜駅からほど近い横浜イングリッシュガーデンでは、約1800種類のバラを主として、さまざまな草花や樹木が植えられ、春から秋にかけて花を中心にして美しい庭園と移り行く自然の景色を楽しむことができます。 特に春バラや秋バラの華やかさは格別...

山下公園のバラ2022の基本情報

山下公園

山下公園のバラ

◆名称:山下公園

◆住所:神奈川県横浜市中区山下町279

◆開園時間:常時24時間

◆定休日:なし

◆バラの本数:1900株(160種)

◆駐車場:有料あり

◆参考:横浜市ホームページ(山下公園)

昭和5年3月に開園した山下公園は、関東大震災のがれきを埋めて作られた横浜市で最も有名な公園です。

横浜ベイブリッジを望む海の眺望は素晴らしく、大型客船が停泊していることも多く、船の往来と汽笛の音を聞きながら、ベンチで座っていると時間が経つのを忘れてしまいます。

歌碑や記念碑など見どころもあり、赤い靴はいていた少女像はとても有名です。

平成28年4月1日より再整備工事が終わりリニューアルオープンしたバラ園は「未来のバラ園」として、つるバラやスタンダード仕立てのバラにより、立体的で多様なバラの演出が楽しめます。

山下公園のバラ2022の見頃(春バラ・秋バラ)

山下公園

山下公園のバラ(2021年5月24日撮影)

山下公園のバラは春と秋の年2回見頃を迎えます。

春バラ・・・5月上旬~6月下旬(二番花が6月下旬まで楽しめます)

秋バラ・・・10月中旬~下旬

その年の気温や天候によって多少左右されますので、満開のバラを楽しみたい方は、Twitter、インスタグラムなどのSNSで確認してからお出かけください。

2021年5月24日に撮影した写真からもわかるように、2021年は例年より少し早く開花したため、満開のピークを過ぎていました。

※2022年も例年より1週間ほど早く開花しています。

見頃時期の休日は混雑しますが、開放的な公園ですのでギュウギュウに混んでいるという事はないです。

ただ、バラのアーチなど少し狭くなっている箇所がありますので、部分的に混雑するという感じです。

今までの経験上、春バラが5月中旬ごろが、秋バラは10月20日頃が満開のピークです。

山下公園

山下公園のバラ(2021年5月24日撮影)

山下公園のバラ2022の開花状況

山下公園のバラの開花状況に関しては、魅力ある横浜へと発展させていく市民、企業、行政が連携して行っている取り組み「ガーデンシティ横浜」の公式サイトで確認することが出来ます。

また、TwitterやインスタグラムなどのSNS上にも、行った方が投稿していることが多々ありますので、確認してからお出かけすると確実です。

山下公園のバラ2022のアクセス

山下公園には電車やバスを使っていくことが出来ます。

また、変わったところで船を使っていくことが出来ます。横浜って感じですよね!デートやお子様と乗られても楽しいと思います(2022年5月現在、リニューアル工事中で運行していません)

【電車の場合】

  • みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩3分
  • JR根岸線「石川町駅」徒歩15分
  • JR根岸線「関内駅」徒歩20分

【バス利用】桜木町駅からバスが出ています。

  • JR横浜線・根岸線「桜木町駅」から、本牧車庫行他「8、11、58、148系統」で「中華街入口」下車徒歩3分
  • JR横浜線・根岸線「桜木町駅」から、本牧車庫行他「26系統」で「山下公園前」下車徒歩すぐ

【シーバス利用】※現在山下公園乗り場は工事中の為運行していません。

JR横浜駅東口にある「横浜ベイクォーター」から乗船した場合、

  • ハンマーヘッド・・・大人700円・子供350円
  • 赤レンガ倉庫・・・大人800円・子供400円
  • 山下公園・・・大人1000円・子供500円

詳しくはシーバス公式サイトでご確認ください。

2022年5月現在「山下公園」は乗船施設リニューアル工事中のため寄港していません。
\新緑の季節は日差しが強くなる季節です!/

山下公園のバラ2022の駐車場

山下公園には有料の駐車場が222台あります。

◆料金:平日30分/260円・土日祝30分/300円
※平日のみ最大料金あり当日限り2080円◆営業時間:24時間

また、山下公園駐車場の他にも、山下公園と道路を挟んで向かい側にコインパーキングがあります。

いずれも山下公園通りの一本向こう側の道路が駐車場入り口となっています。

①タイムズ山下公園前(9台)15分300円・最大料金平日1500円/土日祝2200円

②ポートサイド駐車場(59台)土日祝30分400円・最大料金2430円(平日のみ)

③タイムズ産業貿易センター(25台)30分400円・最大料金2400円

その他周辺にもコインパーキングが多数あり、大抵の場合は停めることが可能です。

さいごに

以上「山下公園のバラ園2022の開花状況と見頃は(春・秋)?駐車場情報やアクセスも!」をお届けしました。

横浜のシンボルとも言える山下公園。

キチンと整備されたバラ園は、青空に映え、海風が心地よく尾心地の良いスポットとなっています。

道路を挟んだ向かいには、老舗ホテルやパンケーキで有名なエッグスンシングス、少し歩けば中華街もあり、ひと休みしたり、ランチをしたり、いろいろな楽しみ方ができます。

バラは、春と秋、暑くも寒くもない、お散歩・行楽に最高な季節に咲く花です。

甘い香りに包まれる山下公園に華麗なバラたちを観に足を運んではいかがでしょうか。

横浜イングリッシュガーデンのバラ2022の見頃は?料金や営業時間も解説します
横浜駅からほど近い横浜イングリッシュガーデンでは、約1800種類のバラを主として、さまざまな草花や樹木が植えられ、春から秋にかけて花を中心にして美しい庭園と移り行く自然の景色を楽しむことができます。 特に春バラや秋バラの華やかさは格別...
タイトルとURLをコピーしました