ジブリの大倉庫にカフェ⁈所要時間はどのくらい?見どころも合わせて解説!

ジブリパーク

2022年11月1日に先行して3エリアがオープンするジブリパークが楽しみですね!

ジブリパークは全部で5エリアに分かれていて、今秋にオープンする「ジブリの大倉庫」がそのうちの一つなのですが、全容が分かってくると期待が高まってきます。

そこで気になったのは、「ジブリの大倉庫にカフェがある」という情報!

ここでは、ジブリパークのメインエリアと言っても過言でないほどのジブリの世界をふんだんに感じられるエリア「ジブリの大倉庫」のカフェや、遊ぶ所要時間についてまとめています。

来園者が楽しみにしているジブリパークの魅力がギュッと詰まった「ジブリの大倉庫」の見どころや何が体験できるのか解説します。

ジブリパークのチケット付きツアーがJTBで販売中です!売り切れる前にチェックしてみませんか↓↓

【JTB】ジブリパークチケット付きホテルツアーをみてみる

ジブリの大倉庫とは

ジブリパークのメインと言えるほど、ジブリ作品の魅力がギュッと詰まったエリアです。

ジブリ作品の展示物が室内であるこの場所に集約されて、異国の植物とカラフルな建物は小さなジブリの町を再現したかのようです。

各作品の秘密が詰まった「ジブリの大倉庫」は、足を踏み入れた人を一瞬でジブリの世界へ引き込んでいくことは間違いないでしょう。

展示されている作品は「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「借りぐらしのアリエッティ」で、小さなお子さんも楽しめる施設が充実しています。

他に同時オープンする青春の丘エリアやどんどこ森エリアが自然に溶け込むように作られているのとは違って、完全に作りこまれた映画のセットのよう。

まるで自分が作品の中に入ったような感覚になってもらうために作ったと言われているように、正にジブリの世界へ入れてしまうような空間となっています。

その見どころについては、後述しています。

ジブリの大倉庫のカフェ

ジブリの大倉庫エリアには、ジブリ作品の展示や遊び場の他に売店とカフェがあります。

カフェのメニューについては発表はありませんが、ジブリ作品にちなんだメニューになるかもしれませんね。

名古屋にある【サンモリッツ】というカフェが委託されて、ジブリの大倉庫で営業することが決まっていて、今はまだメニューの試作段階にあるようです(2022年8月)⇒サンモリッツ公式

ジブリの世界感のカフェになるので、通常サンモリッツで出されているメニューとは違うと思われます。

カフェラテにトトロのラテアートとか、飛行石色のゼリーとか、サツキが作ったお弁当とか、ハウルのベーコンエッグとか、かぼちゃとニシンのパイとか、ポニョのハム入りラーメンとか・・・

売店では、ジブリグッズが売られることは間違いないですが、魔女の宅急便のキキなりきりセットとか、アリエッティワンピースとか、トトロなりきりポンチョとか・・・

想像ではありますが楽しみです!

ジブリパーク

このトトロのシュークリームは、東京世田谷区のジブリ公認【白髭のシュークリーム工房】のものですが、このような可愛いシュークリームも売られるかもしれませんね。

【JTB】ジブリパークチケット付きホテルツアーをみてみる
\楽天ポイントを貯めるなら楽天トラベルが最強!/

ジブリの大倉庫の所要時間

ジブリの大倉庫をゆっくり見て回るには、最低でも60分は必要です。

各コーナーの作品の展示品の作りこまれ方が映画そのもので見どころだらけですので、小物一つまでじっくり見たくなっちゃいます!

室内であることから、時間指定のチケット制であったとしても、それなりの入場者がいますのでゆっくり立ち止まって見学したり写真を撮ったりしていると時間の経過はあっという間です。

しかもカフェができるとなると、一人当たりの滞在時間が長くなりますので、じわじわと混雑が続く状況になると考えられ、人気の撮影スポットでは混雑してしまうことが考えられます。

すべてのエリアを見学してカフェで休憩するとなると最低でも約90分は必要となると思います。

同じ日に他のエリアと一緒に見学の場合は、ジブリの大倉庫ではたっぷりと時間を取っておくのが、ジブリパークを満喫する秘訣かもしれません。

ジブリの大倉庫と青春の丘エリアは隣り合っているので移動時間は約5分程度ですが、どんどこ森エリアへの移動は少し離れていますので、ジブリの大倉庫から大人の足でも約20分かかります。

これからチケット購入される方は、ジブリの大倉庫をしっかり遊ぼうとすると最低でも約90分かかりますので、その先の移動時間も考えて時間割を考えてみてくださいね。

※混雑していると90分でも回り切れない場合もあると思いますのでご了承ください。

【JTB】ジブリパークチケット付きホテルツアーをみてみる
\一休.comなら楽天リーベイツ経由でポイント2重取りして!!!/

ジブリの大倉庫の見どころ

ジブリの大倉庫は、もともと愛・地球博記念公園にあった屋内プール・屋外プールのあった場所にできます。

屋外プールのあった場所にカフェエリアがあり、屋内プールのあった場所にジブリ作品の展示エリアとなっています。

屋内プールだったところに作られるということで、天井から光が取り込める建物となっていて、ジブリの大倉庫は屋内施設ですが光がいっぱい差し込む明るい開放的な空間となっています。

天空の城ラピュタ

お隣のエリア「青春の丘」エリアには天空の城ラピュタをモチーフにしたエレベーター塔がありますが、ジブリの大倉庫では、木々がロボット兵に覆いかぶさるように茂っているラピュタの朽ち果てた王国跡が再現されています。

そして、天井からはラピュタの飛行船が吊るされる予定です。

となりのトトロ

となりのトトロのエリアでは、実際に乗ることができるネコバスが登場します。

映画で見て、あのフワフワで生温かいであろうネコバスに乗ってみたい!と思った人は多いはず。

ネコバスに乗って、窓から顔を出した我が子の写真を撮りたい!!という方多いことと思います。

ネコバスは大変人気スポットとなると思われますので、時間をしっかりとって楽しみたいですね。

ネコバスの他にも、ご神木や神社のお社、サツキとメイの家やネコバスが走る送電線、そして小川が流れる橋などのとなりのトトロの色んなシーンが詰め込まれたエリアとなります。

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティのエリアでは小人体験ができます。

大きな植物を中心に、巨大な虫や大きな空き瓶などの演出で、子供だけでなく大人も小人になって、軒下を覗いたりできる場所があると思われます。

さいごに

以上「ジブリの大倉庫にカフェ⁈所要時間はどのくらい?見どころも合わせて解説!」をお届けしました。

ジブリの世界観を楽しめるカフェは、是非とも行ってみたい場所になることは間違いありません。

11月1日の開園に向けて、情報が少しずつ解禁になっています。また新しい情報がわかりましたら追記していきたいと思います。

>>じゃらんでジブリパーク旅行を計画する >>JTBでジブリパーク旅行を計画する >>るるぶトラベルでジブリパーク旅行を計画する
タイトルとURLをコピーしました