桜神宮の御朱印は限定を狙おう!時間や値段も解説/特別なアマビエ挟み紙も!

おでかけ

東急田園都市線「桜新町駅」といえば、サザエさんの町として有名ですね。

桜新町駅すぐの所にある桜神宮は、大きくはありませんが、その名の通り桜が綺麗な神社です。

桜神宮では季節限定の御朱印があり、大変人気で御朱印をいただくために行列ができていることもあります。

ここでは、3月限定(現在頒布中)の御朱印情報をはじめとした限定の御朱印について、いただける時間や値段を解説。また、この時期に特別に挟み紙としていただける、アマビエの挟み紙もご紹介します。

※この記事は2021年3月に伺った時の様子を書いています。

【九品仏浄真寺】御朱印の時間や駐車場情報は?見どころも合わせてご紹介します!
東急東横線・東急大井町線の自由が丘駅から徒歩10分のところに、一年を通じて四季折々の風景が楽しめるお寺があります。 地元の人々にとって、身近に自然の移り変わりを楽しめる場所で、初詣に行ったり、お散歩したり、お買い物のついでにふらっと立...
豪徳寺の招き猫の値段や購入方法は?御朱印の時間や種類も解説!猫の御朱印帳も可愛い
招き猫といえば開運招福や商売繁盛の縁起物として、古くから親しまれていますよね。 招き猫の発祥の地(諸説あり)として、猫好きにはたまらない1000体以上の招き猫がいる豪徳寺へ行ってきました。 招き猫は誰でも購入でき、豆サイズから3...

桜神宮の基本情報

◆名称:桜神宮

◆住所:東京都世田谷区新町3-21-3

◆TEL:03-3429-0869

◆受付時間:9:00〜17:00

◆アクセス:東急田園都市線「桜新町駅」北口徒歩2分

◆駐車場:あり13台(タイムズ桜神宮)20分/220円・最大料金2,000円
※お隣のココカラファインでお買い物すれば、優待があります。

伺った日が3月1日という事もあり、神殿前の河津桜が見事でした。

決して大きくない神社なのですが、地元の方をはじめ大変人気のある神社であり、お隣に幼稚園があることもあって活気に溢れており、とても雰囲気いい神社です。

桜神宮の御朱印の時間と値段

桜神宮では、正面鳥居から入って神殿手前の左手側に社務所があり、そちらで御朱印をいただくことができます。

御朱印頒布の時間:9時~17時
初穂料:500円(通常、直書き、白紙)※特別な淡黄紙、紺紙、赤紙、黒紙などの御朱印は600円

桜神宮には何度か伺っているのですが、御朱印は3度いただいたことがありますが、行くたびに色んな種類の御朱印がいただけて、ついつい全制覇したくなります(-_-;)

桜神宮の限定御朱印

では、どんな御朱印があるのか紹介していきます。毎年同じものというわけではなくて、その年年で変わります。

何度も訪れて、ご利益もたくさん?貰えるかも。

新しいものが訪れるなどしてわかったら追記いたしますが、去年のまま(古いまま)の場合もありますので、ご了承ください。

通常の御朱印

通常の御朱印がこちらになります。桜神宮の桜にちなんで、桜の花と花びらがあしらわれています。

新春万福干支御朱印

こちらの御朱印は新春万福干支御朱印となり、年始の特別な御朱印となります。

いただける期間は1/1~1/31で、毎年1月の特別な御朱印となっています。

右下にその年の干支があしらわれていて、金印も押されていたりおめでたい感じがしますね。

新春万福干支御朱印は、白紙の他に赤紙、黒紙の御朱印があります。赤紙と黒紙のものは600円となります。

桜(ソメイヨシノ)の御朱印

こちらは桜の御朱印で、いただける期間は3/1~3/31です。

桜がたくさんあしらわれていて、とっても華やかな御朱印です。

挟み紙にはアマビエが描かれており、そのアマビエも桜の花冠をしていて、とっても可愛らしいです。

春らしい御朱印で、なんだかウキウキします。

桜の御朱印は、白紙の他に薄黄色紙、紺色紙の御朱印があります。薄黄色紙と紺色紙のものは600円となります。

桜の御朱印の種類は以下のようになっていて、「メジロと夜桜」もとっても素敵です。

5月(サクランボ)の御朱印

境内の河津桜には、可愛いサクランボの実が生っていました。

夏越大祓あじさい御朱印

こちらは緑色の小鳥が涼しげな夏越大祓あじさい御朱印で、いただける期間は6月1日~6月30日(2021年6月追記)

こちらは白紙500円、色紙600円です。

月見兎御朱印

こちらは可愛い兎があしらわれた月見兎御朱印で、いただける期間は10月1日~10月31日

月見兎御朱印は、白紙の他に緑紙、黒紙の御朱印があります。緑紙と黒紙のものは600円となります。

新嘗祭(にいなめさい)御朱印

こちらは、新たに収穫した五穀を天と地の神々に供え、その年の収穫に感謝するという新嘗祭御朱印で、いただける期間は11月1日~11月31日です。


稲穂があしらわれており、紅葉も秋らしさを感じます。

新嘗祭御朱印は、白紙の他に緑紙、黒紙の御朱印があります。緑紙と黒紙のものは600円となります。

この他にも桜神宮では、その時々の情勢に合わせて特別な御朱印が頒布されることがあります。

毎月、翌月に頒布される御朱印のお知らせが桜神宮公式ホームページで確認できます。

桜神宮の御朱印は、その年や季節やご時世によって、新しいものがいただけます。このブログ上に載っているものだけではありませんので、ご了承ください。

桜神宮の御朱印帳

桜神宮では、桜があしらわれたとても可愛い御朱印帳が人気です。


出典:桜神宮公式ホームページ

御朱印帳も御朱印も桜尽くしで、女性に人気なのが伺えますね。

\素敵な御朱印帳を持って出かければ、気分もあがる!/


桜神宮のさくらのえんむすび花帯

桜神宮では、他では見ない珍しい縁結び祈願があります。ピンク色の「花帯」(リボン)に願いを書いて、神殿横の河津桜に結び付けます。

恋愛成就に御利益があると有名だそうですよ!

リボンの願い事を見たところ、恋愛成就だけでなく、就職や進学先や友人などで良いご縁があるようにとの願いも書かれていました。

河津桜の時期はもちろんのこと、葉桜になっても、葉が全て落ちてしまっても、ピンクのリボンがまるで桜の花のように参拝者を迎え入れてくれます。

さいごに

以上、「桜神宮の御朱印は限定を狙おう!時間や値段も解説/特別なアマビエ挟み紙も!」をお届けしました。

桜神宮は、桜尽くしの神社で、特に3月は河津桜やソメイヨシノなどの桜がお出迎えしてくれる華やかな神社でした。

限定の御朱印もたくさんあり、御朱印を集めている人にとっては、とても魅力的な神社ですね。

同じ世田谷区で御朱印をいただけるお寺をこちらの記事で紹介しています。

【九品仏浄真寺】御朱印の時間や駐車場情報は?見どころも合わせてご紹介します!
東急東横線・東急大井町線の自由が丘駅から徒歩10分のところに、一年を通じて四季折々の風景が楽しめるお寺があります。 地元の人々にとって、身近に自然の移り変わりを楽しめる場所で、初詣に行ったり、お散歩したり、お買い物のついでにふらっと立...
豪徳寺の招き猫の値段や購入方法は?御朱印の時間や種類も解説!猫の御朱印帳も可愛い
招き猫といえば開運招福や商売繁盛の縁起物として、古くから親しまれていますよね。 招き猫の発祥の地(諸説あり)として、猫好きにはたまらない1000体以上の招き猫がいる豪徳寺へ行ってきました。 招き猫は誰でも購入でき、豆サイズから3...
タイトルとURLをコピーしました