暑くない不織布マスクはどれ?使い捨て可能な冷感素材・通気性UPマスクを比較してみた

生活

夏が近づいてきて、暑くないマスクの需要が高まってきました。世間的には、屋外ではマスクは外しましょうと言われていますが、まだまだ感染者もいるし、屋内ではマスク必須の場所も多くあります。

特に公共交通機関ではマスクをすることが当たり前になっていて、夏になっても多くの方がされることと思います。

そこで、欲しくなるのが

暑くない不織布マスク

暑くないマスクという事だけ考えれば通気性抜群のウレタンマスクとなるでしょうけど、機能性を考え不織布マスクを選ぶ方は多いです。

少しでも快適に過ごしたくて、使い捨て可能な不織布で冷感と書かれているマスク通気性が良いと書かれているマスクを複数使用したので、それらの使用感や本当に暑くないのかなどを比較してみました。

\SNSで話題沸騰!ネッククーラー!爽快マスクとセットで夏を快適にしよう!/

暑くない不織布マスクはどんなのがある?

夏が近づいてきたこともあり、ドラッグストアやスーパー、楽天やAmazonなどでも冷感や通気性UPと書かれているマスクを目にすることが多くなってきました。

昨年も目にしたことはありましたが、今年は種類も増え、機能だけでなくオシャレなものも出てきています。

暑くない不織布マスクを探してみますと、大きく分けて2種類あります。

  • 接触冷感の素材の不織布マスク
  • 通気性の良い素材を使った不織布マスク

接触冷感の素材のマスクは、肌の触れた時にひんやりと感じる生地や不織布を使って作られています。

繊維自体の温度が低く冷たいわけではなく、肌の表面の熱が繊維に移動するという熱の伝導性の原理を利用しているものです。

繊維が肌の熱を取る(移動する)ことでひんやりと感じるのです。

通気性の良いマスクは、その言葉通り、通気性の良い素材を使って作られているので、息苦しさを感じることが少なくマスク内が快適に保たれるため、こもった感じが少ないマスクです。

  • 接触冷感の素材の不織布マスク
  • 通気性の良い素材を使った不織布マスク

この2種類の素材のどちらが優れているのかは、個人的な好みもあって、こっちの方が機能として優れていますとは言えません。

あくまでも、私が使ってみての感想となります。

暑くない不織布マスクの比較

私が実際に使ってみた不織布マスクをいくつか紹介します。

ブリリアント メイクアップ マスク クール

正式名称は「BRILLIANT MAKE UP MASK COOL」で、血色マスクとして人気のあるブリリアントマスクの接触冷感タイプとなっています。

ブリリアントマスクと同じく、メイクアップしたように肌の血色がよく見えるカラーが採用されていて、顔が明るく見えるため女性には嬉しいマスクです。

接触冷感タイプはプリーツタイプとなっていて、5色展開です。

色の展開はこんな感じ。

右から順番にアプリコットピンク・ピーチピンク・ローズピンク・ラベンダーアッシュ・ミルキィグレイ

マスクが主張しすぎず、どんなのが肌色の方にも合うように優しい色使いで、毎日「今日は何色にしよう」と洋服の色との兼ね合いを考えるのも楽しいです。

裏側は白色ですが、特に問題ありません。

個包装となっているところも、予備や旅行時などの持ち運びに便利です。

使い心地は、正直あまりよくありませんでした。接触冷感という事で覚悟はしていましたが、ふんわり感はゼロです。

また、素材の性質で仕方ないのでしょうけど、つるつるしていて通気性は良くないように感じ、そのせいで会話時に口に周りにピタッとくっつく感じがあります。

  • 色が可愛い
  • 顔色がよく見える血色マスクである
  • 個包装で持ち運びに便利
  • ふんわり感がゼロ
  • 裏側がつるつるしている肌触りで、確かにヒンヤリはしますが通気性が悪いのか、息をすると肌にくっつく感じです
  • 会話には適していません

超快適息ムレクリア

こちらはユニ・チャームの「超快適マスク」の通気性に特化したマスクで、内側にメッシュ素材を使っていてマスク内が蒸れないように工夫されています。

色はホワイトとブラックの2展開で5枚入りのものと、箱入り20枚があります(ブラックは5枚入りのみ・2022年6月現在)。

生地自体は薄めで柔らかく、裏側はガーゼのような手触り・肌ざわりです。

超快適マスクシリーズの「耳らくタイプ」ではないですが、耳の部分も柔らかい素材で、私は半日付けていても痛くなることはありませんでした。

使い心地は良く、通常の不織布マスクと比べて確かに息がしやすかったです。

外が暑い日は、やはり顔に1枚布が付いている感はありますが、マスク内が汗でビショビショにはならなかったです(顔中に汗をかく場合は、マスク内も汗だくになると思いますが・・・)。

  • 通気性良い
  • 裏のガーゼ生地が、少し涼しく感じる
  • 息が苦しくない
  • 色の展開が白と黒のみ
  • 個包装でない

ハイパーブロックマスク ムレ爽快

こちらはエリエールのハイパーブロックマスクの「ムレ爽快タイプ」です。

通気性に優れた素材を使用していて、息をしやすい・息が蒸れにくくなっています。

また、通常のプリーツタイプのマスクは、マスクの上側(鼻側)にワイヤーが入っていますが、この商品はマスクのちょうど真ん中に横にワイヤーが入っていて、口元が肌にピタッとくっつくのを防いでくれます。

赤く囲った所にワイヤーが入っています。

エリエールと言えば、パッと思いつくのはオムツですよね。

CMなどで、「蒸れない」「優しい肌ざわり」とさんざんやってますよね。通気性に特化した素材には強いと思われます。

生地が柔らかく全くゴワゴワせず使い心地は良かったです。

同じくエリエールから発売されている通常の「ハイパーブロックマスク」や「リラカラ」と比べて、生地が薄く感じられて、口元への密着度が低いです。

冷たく感じることはありませんが、口元に空間ができて息がしやすいだけで付けていても楽です。

カラー展開もされていて、ラベンダー色があります。

  • 口元のワイヤーで空間ができる
  • 安心の日本製
  • 息が苦しくない
  • 個包装でない

ナノエアーマスク 

こちらはアイリスオーヤマの「ナノエアーマスク」です。

エレクトロスピニング製法(パッケージに記載)というナノレベルの極細の繊維を使用して、その隙間から空気が通るので、通気性がよく息がしやすい作りとなっています。

エリエールのハイパーブロックマスクムレ爽快と同じく、マスクの真ん中横方向にワイヤーが入っていて、口元に空間ができます。

また、商品説明に、特殊ナノファイバー加工の中間層が着用時の温度上昇を防ぐとあります。

使い心地は、生地が柔らかくマスクの上側(鼻側)と真ん中にワイヤーが入っているため、空間を作ることが出来て、口元に余裕があります。

マスクの中央の両端の切込みが、顔によりフィットさせてくれます。

ナノエアーマスクには、プリーツタイプと立体タイプがあり、また、グレーやピンクベージュなどのカラーもあるので、洋服や気分によってマスクでのオシャレも可能です。

ただ、長時間付けていると、ゴムが緩いのか下がってきやすいです。

  • 口元のワイヤーで空間ができる
  • 息が苦しくない
  • カラー展開されている
  • 個包装で持ち運びやすい
  • 他の方の口コミで、紐が他メーカーに比べて切れやすいとあった
  • 耳ゴムがゆるい

暑くない不織布マスク比較まとめ

私の試したマスクは今のところ4種類ですので、それらのマスクを実体験から比較しました。

この先、他のマスクも試したら追記していきたいと思います。

価格はAmazonや楽天などで購入した時の一般的な価格を参考にしていますので、店頭にて購入する場合やセールなどでもっと安く購入可能な場合もありますし、この先品薄状態になれば価格は高くなりますので、あくまでも参考です。

通気性息のしやすさ涼しく感じる度合い価格1枚当たり
ブリリアントメイクアップクール×約32.9円
超快適息ムレクリア約58.6円
ハイパーブロックマスクムレ爽快約39.3円
ナノエアーマスク約43.6円
※1枚当たりの価格はネット通販で購入した場合の一般的な価格で最安値ではありません。また変動しますので、あくまでも参考の価格です。送料は含んでいません。

私の実体験による感覚での使い心地ではありますが、一番涼しいと感じたのは「超快適息ムレクリア」です。

内側のガーゼ生地は確かに涼しく感じます。

また、逆にあまり涼しく感じなかったのは「ブリリアントメイクアップ クール」です。

確かに最初はヒンヤリと感じるのですが、ずっとではないです。

長時間付けて、しかも会話をしますと、通気性があまり良くない(特化していない)ので蒸れてくる感じがしました。

会話があるなら、接触冷感ではなく通気性が良いものを選んだ方が良いと感じました

\小さめタイプなら、小学生のお子さんの学校でのマスクに最適!まとめ買いでお得に!/
\今夏のイチオシ!総会マスクとセットで夏を乗り越える!/

さいごに

以上「暑くない不織布マスクはどれ?使い捨て可能な冷感素材・通気性UPマスクを比較してみた」をお届けしました。

これからの暑くなる季節に、少しでも快適に気持ちよく過ごすためには、マスク選びは重要だと思います。

やはり機能性も高く、涼しくて、オシャレなマスクがよいですよね!!

暑い夏を乗り切るために、少しでもお役に立てたら嬉しく思います。

タイトルとURLをコピーしました