エアコンクリーニング/ベッドの上にエアコンがある場合は移動が必要?

生活

エアコンクリーニングしたいなと思ったけど、エアコンの下にベッドやテレビなど、簡単に動かすことが出来ない家具がある場合ってありますよね。

クリーニング頼んだのはいいけど、よく考えたら「エアコン、ベッドの上なんだけど」なんてこともあって焦る事もあると思います。

ベッドの上だけじゃなく、テレビやタンスの上なんてこともあります。

私は、良く調べもせず、家具を動かすのが面倒だから~と、エアコンクリーニングを先延ばしにしていました(>_<)

昨年、カビ臭いのに耐えられず、意を決し業者にクリーニングを頼んだその体験から、エアコンがベッドの上にあってもクリーニングはできるのか、という事についてまとめました。

※記事内で紹介している商品はアフィリエイトリンクを使用しています。

エアコンクリーニングは必要?

これは、もう絶対に必要です。

家電の寿命は一般的に10年くらいと言われていますが、私の体験上、我が家のエアコンは10年、13年、16年が今までの寿命でした。

温度の調節が上手くいかなかったり、エアコン本体からの水漏れが原因で寿命を迎えましたが、エアコンの寿命は約13年だそうです。

その間に1度もエアコンクリーニングをしないとどうなるのか。。。

クリーニングをしなかったから壊れることはないと思いますよ(あくまでも経験上ですが・・・実家のエアコン、一度もクリーニングせず10年以上使ってましたから)。

ただ、昔のエアコンよりも今のエアコンは機能も多く、複雑になってるでしょうから絶対とは言い切れません。

ただですね、

冷房を付けるとエアコンの中が結露するので、その水分にカビが発生します。これは避けられません。

カビが付いたエアコン口からの空気を吸い込んでも良ければ、クリーニングしないでご自分でフィルターや手の届く範囲を掃除するだけで何とかなるかもしれません。

でもやはり、カビの付いたエアコンの空気を吸いたい人はいませんよね。身体に悪い影響があってもおかしくないですから。

子供が小さかったり、ペットがいたら、いつも清潔にしたいと思うと思います。

そういう事で、エアコンクリーニングは必要だと思うのです。

どこの業者を選んだら良いかわからない方、たくさんの中から選べていいですよ!

ベッドの上にエアコンがある場合どうすればいい?

エアコンクリーニング頼んだのはいいけど、ベッドをどうすれば・・・と思ってらっしゃる方。

ベッドの上のエアコンも、クリーニング可能です。

エアコンは高い位置にありますので、業者さんは3段くらいの脚立に乗って作業します。ですからエアコンの真下に脚立が置けるスペースが取れれば大丈夫です。最低畳半畳くらいです。道具や汚れたバケツを置くスペースがあれば、尚よいです。

ベッドをずらして、そのスペースがあるならずらすだけでいいと思います。

↓↓このくらいのスペースが必要です。

我が家の場合は、ずらすことが出来ませんでした。

そこで、マットレスを横に立てて、ベットの板を外しておきました。業者さんが来た時に確認したら、それでOKという事でした。

我が家はマットレスやベッド板を外したので布団は隣の部屋に持って行ってましたが、

ベッドをずらすだけでよかった場合でも、布団類は別の部屋に移動しておいた方業者も作業しやすいでしょうし。頼んだ方も汚される心配がなく、お互いの為だと思います。

その上で、しっかりとカバーしてくれます。

ベッドをずらすこともできないし、マットレスも動かせない、ベッドの板も外せないという方は、申し込む際に業者さんに相談することをお勧めします。

↑↑これ、大事!

業者によってやり方が違い、全く問題ないという業者もあれば、動かせない場合は要相談というところもあります。

100万件の販売実績、お客様満足度97%の安心のイオングループ!【防カビコート無料】エアコンクリーニングならカジタクがおすすめです!

ベッドや大きな家具がある場合、こちらで紹介している【防カビコート無料】エアコンクリーニングならカジタクでは、予約時に備考欄に記載することになっています。

エアコンクリーニングの頻度は?

エアコンクリーニングは、一般的には2年に一回と言われています(業者によると)。

これはあくまでも理想という事ですので、3年でも問題ないと思いますし、我が家は、お恥ずかしいことに5年放置していました(;’∀’)

5年間、家具を動かすのがなぁ・・・と先延ばしにしてました(>_<)。でも、カビ臭くなかったんですよね~。それで延び延びになってました。

結論

以上「エアコンクリーニング/ベッドの上にエアコンがある場合は移動が必要?」をお届けしました。

ベッドの上のエアコンも、クリーニング可能です。

作業できるスペースがご自分で確保できるのであれば、ベッドをずらしたり、マットレスを移動させて板を外したりしておきましょう。

対処が出来ないという場合は、クリーニングを予約するときに業者に確認する良いでしょう。

あちらもプロですから、ベッドくらいでできないなんてことはないですが、何も伝えずにお任せすると、「今すぐどけてください」とお願いされたり、

ベッドの上に乗って作業することになってしまう可能性があります。

ビニールで養生はしてくださいますが、ベッドの上に乗っての作業となると、気が気ではないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました