来宮神社の御朱印帳が木製で可愛い!天然記念物「大楠」が日本屈指のパワースポット

おでかけ

近年、関東から近く手軽に行ける観光地として熱海の人気が上がってきています。

東京在住の私も熱海が好きで、このところ毎年欠かさず訪れています。その際必ず訪れるのが来宮神社です。

何とも不思議なパワーを感じる神社の一つで、心が落ち着きます。

その来宮神社の御朱印帳が可愛いんです!木製で木の葉が舞うデザイン。木製の御朱印帳があるのは、来宮神社のシンボル「大楠」にあやかっているからでしょうか。

その木製の御朱印帳の値段や売ってる場所、日本屈指のパワースポットとしても人気の高い来宮神社の大楠についてまとめました。

\今夏爆売れ中のアイスリング!夏の旅行におすすめですよ/

来宮神社の基本情報

熱海来宮神社
熱海来宮神社鳥居(2022年訪問時)

◆名称:熱海 来宮神社

◆住所:静岡県熱海市西山町43-1

◆TEL:0557-82-2241

◆受付時間:9:00~17:00(祈禱受付16:30)

◆アクセス:
・JR伊東線「来宮駅」徒歩3分
・JR東海道線「熱海駅」徒歩18分

※新幹線で来られる方は、先ず新幹線の改札を出てJRの改札は出ずにJR伊藤線に乗り換えます。
※「熱海駅」からJR伊藤線で1駅で「来宮駅」です。

◆駐車場:あり(無料40台)

来宮神社は、古くから「来宮大明神」として熱海の土地神様として鎮座し、来福・縁起の神様として信仰されてきました。

来宮神社のご神木である「大楠」は樹齢2100年を超え、国指定天然記念物に選定されています。

平成4年に、環境省の調査全国2位の巨樹の認定を受けており、その迫力は心に迫ってくるものがあり、独特の空気感がその歴史の流れを感じさせてくれます。

訪れた際は、是非その24メートルにおよぶ幹を一周してみてくださいね。

来宮神社の御朱印帳は?

出典元:じゃらん

御朱印帳は、大楠のデザインの御朱印帳が2種類と木製の御朱印帳の3種類です。

特にこの木製の御朱印帳が可愛いと人気です。ツイッターなどでも購入された方がいただいた御朱印とともにツイートしているのを見かけます。

大楠デザインの御朱印帳は、かっこいいですが可愛いとは言い難く、

木製の御朱印帳の方は真ん中に小さく御神体の大楠がデザインされ、大楠の葉が周りに散りばめられているデザインがとっても可愛いです。

特に女性に人気があるようです。

●大楠デザイン御朱印帳 1500円
●木製の御朱印帳    2500円

来宮神社神社の御朱印帳は木製(^^)
1年3ヶ月前は、直に書いていただいていたのに。
今日は紙でいただきました。
また直に書いていただける日が早くきますように🙏 pic.twitter.com/DDsxAlXJUz

— 楓 (@yusx4) March 28, 2021

来宮神社の御朱印

来宮神社の御朱印の初穂料は300円です。

来宮神社の参道を奥へ歩いていくと左側に社務所があります(これがまたオシャレなんです!)。

社務所内にて、御朱印の他、御守りやおみくじなどの頒布品の販売があります。私は今までに3度訪れていますが(休日平日共に)、混雑していることはありませんでした。

熱海来宮神社
来宮神社社務所(2022年訪問時)

御朱印や頒布品販売所の左側には、トイレもありますので安心ですね。

また、同じく左側は、売店とカフェになっています。

来宮神社のオシャレなカフェ

先に少し触れましたが、来宮神社には境内にカフェがあります。

近年、このカフェがテレビなどで紹介されたりして認知されてきていますが、神社内にあるカフェとしては、とってもオシャレなんです。

カフェスペースは来宮神社内に3か所あって、それぞれに特徴があります。

来宮神社の大楠

熱海来宮神社
来宮神社大楠(2022年訪問時)

来宮神社の境内には、御神体として祀られている「大楠」があります。周囲は24メートルあり、国指定の天然記念物となっています。

日本屈指のパワースポットとして人気で、全国2位の巨樹である大楠は樹齢なんと2100年を超えるそうです(1位は鹿児島の蒲生の大楠)。

この大楠自体を本殿とは別にお参りすることが出来るのですが、それだけれなく、大楠のパワーを十分に感じることが出来るように様々な工夫がされています。

大楠を一周できる

大楠は周囲が24メートルありますが、この周りには木製の通路が作られていて、どなたでも一周ぐるりと歩いて回ることができます

大楠の裏側は崖になっていて下には川が流れていますので、緑の木漏れ日の中、川のせせらぎを聞きながら、大楠のパワー溢れる生命力を感じることが出来ます。

また、非常に近いところに通路がありますので、直接大楠に手で触れることもできます。

※大楠の状態や、感染の状況によっては直接触れられない場合も考えられますので現地にてご確認ください。

\深い帽子のつばで日差しを遮断!/

大楠を下から眺める

熱海来宮神社
来宮神社大楠 背もたれベンチ(2022年訪問時)

本当に大きな大楠。

視界に入りきらないし、写真にも上手く収まり切りません^^;

来宮神社では、大楠の全体像をしっかり見てもらえるよう、そして上ばかり見て首を傷めないよう(?)に、後ろにもたれかかれる背もたれベンチが設置されています。

4台しかないので、皆さん順番に利用していました。

もしも、人の少ない時間に訪れたなら、ちょっと長めに空に向かって伸びる大楠を下から眺めることができるかもしれません。

大楠の近くに寄って眺める

熱海来宮神社
来宮神社大楠 つむぎの縁 展望デッキ(2022年訪問時)

来宮神社では、大楠と参詣者を「つなぐ」という願いから「紡來の縁(つむぎのえん)」という、大楠に向かって伸びる展望デッキが設置されています。

定員2名のそのデッキの端まで行くと、大楠の近くまで行くことができ、その迫力を身近に感じることが出来ます。

>>熱海の他の観光スポット92件を見てみる(楽天たびノート)

レンタカーも充実!家族旅行も一人旅も、友達旅も出張も、ポイントが貯まる楽天トラベルがおすすめです!

さいごに

以上「来宮神社の御朱印帳が木製で可愛い!天然記念物「大楠」が日本屈指のパワースポット」をお届けしました。

天然記念物の大楠がご神木となっている来宮神社は、御朱印帳も含めて、木のぬくもりを感じられる神社です。

ウッドデッキなど綺麗に整備されていて、とてもオシャレな雰囲気の神社ですよ。

タイトルとURLをコピーしました