クリスマスイブの日にちは何日?クリスマスデートは24日か25日どちらにする?

クリスマス

12月になるとクリスマスのことで頭がいっぱい!

ところで、クリスマスイブっていつだっけ?クリスマスイブとクリスマスって24日だっけ?25日だっけ?となる人、意外に多いんですよ。

そもそもクリスマスは何の日で何日で、何をするの?

クリスマスデートは24日か25日、いつやるのが正しいの?

いざとなるとあやふやで迷ってしまってる方へ、本当はいつなのか、クリスマスデートはいつがいいのかをまとめました。

クリスマスはイエス・キリストの誕生日ではない

クリスマス

最初に、そもそもクリスマスとは何なのかというと、クリスマス(Christmas)は、イエス・キリストの降誕(こうたん)を記念してお祝いをする日(降誕祭)です。

降誕(神仏や聖人などが生まれること)をお祝いをする日であって、誕生日ではないのです。

「クリスマスはイエスキリストの誕生日」と思っている人がいるんですよね、実際。でも、誕生日ではないんです。

西暦1年はイエスが生まれた年ですが、聖書にはイエスが何月何日に生まれたのかは明記されていません。

クリスマスイブの日にちはいつ?

日本で言うクリスマスイブは24日です。

そうなると当然ですが、クリスマスは何日かというと12月25日です。

カレンダーの12月25日のところに「クリスマス」と記載されていますね。そして、その前日である24品が「クリスマスイブ」という認識ですよね。

実はこれも本当は少し違うのですが、それについては、記事の最後の方で触れます。

クリスマスイブには何をするの?

皆さんはクリスマスイブには何をしますか?

キリスト教徒でなければ、教会に礼拝に行く必要もなく、家族と過ごさなくてはいけないという決まりもありません。

一般的には、恋人など自分にとって特別な人と食事をしたりプレゼントを贈り合います。

ケーキを食べたりプレゼントを渡したりするのも、クリスマスイブのタイミングという人が多いです。

小さなお子さんがいるご家庭では、この日にクリスマスケーキを食べたりクリスマスパーティーをするご家庭が多いです。

クリスマスデートは24日25日どっちにする?

クリスマス

クリスマスは1年に一度の特別なイベントですので、この日は必ずデートをするというカップルも多いでしょう。

でもクリスマスデートはクリスマスイブの24日?それともクリスマス当日の25日?と悩んだことありませんか?

2020年にマイナビが大学生にとったアンケートによると

■男子学生の場合■

24日にデートする……61.1%

25日にデートする……11.1%

2日間ともデートする……22.2%

こだわりはない……5.6%

■女子学生の場合■

24日にデートする……34.3%

25日にデートする……34.3%

2日間ともデートする……28.2%

こだわりはない……3.2%

引用元:マイナビ

結果は、24日にデートすると答えたのは男子学生の方が多く、女子学生は24日と25日は同率となりました。

男子学生の方がクリスマスイブにデートすることにこだわりを持っているという事がわかりました。

その理由は、男子学生女子学生ともに24日を選んだ人は、「なぜか24日の方がクリスマス本番のような感じがするから。」という理由で、25日を選んだ女子学生は「日本の場合24日は盛り上がりがすごく、混雑している場所が多い。25日のほうが比較的混雑している場所が少ないと思うから」というものでした。

女子学生の方が現実的で、男子学生の方がロマンティックという結果でした。

なぜクリスマスイブの方が盛り上がるのか?

クリスマスはなぜか、25日のクリスマスよりも24日の夜のクリスマスイブの方が盛り上がりますよね。

これは、ユダヤ暦では日没と共に日付が変っていたために、24日の日没後からクリスマスは始まり25日の日没で終わるため、プロテスタント教会では日没後にクリスマス礼拝が行われていて、その礼拝の後にお祝いをしていたためと考えられます。

その風習から、日本でも、何となくクリスイブのほうが神聖な感じがあるのです。

そのため、クリスマス商戦でのクリスマスケーキやクリスマスプレゼントも24日の方がよく売れ、街も活気づいてクリスマスムードですよね。

デートをするのなら、街がクリスマス一色になってロマンチックな雰囲気が漂っている時のほうが盛り上がる可能性は高いです。

クリスマスとクリスマスイブのややこしい関係

ここでは、クリスマスとクリスマスイブの本当の意味とややこしい関係についてまとめました。

特に興味のない方は読み飛ばしてくださいね。

クリスマスイブは本当はクリスマス前夜ではない?

クリスマス(12月25日)の前夜として認識されることが多いクリスマスイブ(Christmas Eve)ですが、ここでのEveはevening(夕方)の古語である even が短くなった語です。

ですから、文字通りだとクリスマスイブとは「クリスマス当日の夜」というのが本当の意味です

そのため「クリスマス前夜」という表現は適していないわけです。

でも、結果としてクリスマスイブは12月25日の前日「12月24日の夜」でなのです。

正しい言葉遣いでは「クリスマス当日の夜」なのですが、実際は12月24日の夜がクリスマスイブとなっているのです。

なぜクリスマスイブは「12月24日の夜」なの?

クリスマスイブが「クリスマス当日」の夜を意味するのに、世間的なクリスマスイブが「12月24日」を指しています。

この矛盾は、使われている暦の違いが原因です。

キリスト教のルーツはユダヤ教で、ユダヤ教で使われるユダヤ暦を継承した教会暦を採用している教会では、日没を日付の変わり目としているため、現代暦の12月24日の日没後からクリスマスは始まり、12月25日の日没で終わります。

12月24日の日没からクリスマスは始まっているので、プロテスタント教会では日没後にクリスマス礼拝が行われます。

ただしeveには前夜という意味もあります。

ユダヤ暦、教会暦に関わるクリスマスイブだけが本当は「クリスマスの前夜」という意味ではなく「クリスマス当日の夜」なのです。

さいごに

以上「クリスマスイブの日にちは何日?クリスマスデートは24日か25日どちらにする?」をお届けしました。

日本で言う一般的なクリスマスイブは12月24日です。

家族やカップル、友達とあるいはクリぼっちで、それぞれのクリスマスを楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました