sasuke(サスケ)がオリンピック競技の種目の候補って本当?海外の反応は?

生活

 2022年もTBS系列のスポーツバラエティー番組sasuke(サスケ)が放送されます。

sasuke(サスケ)といえば、色々な職業一般の一般の方も出演し、熱狂的なファンがいるスポーツバラエティーです。

参加選手の身体能力もすごく、海外からも一目置かれているテレビ番組で、海外の反応も気になります。

また、オリンピック競技種目になる可能性もあるというのは本当なのでしょうか?

この記事では、サスケについての海外の反応やオリンピックの競技種目についてまとめてみました。

スポンサーリンク

sasuke(サスケ)がオリンピック競技の種目に?

TBS系列で1997年から不定期で放送されているスポーツバラエティー番組sasuke(サスケ)が海外でとても人気があるということをご存知ですか?

2022年現在では世界で165カ国以上の国と地域で放送されていて、現地番を含めて全世界で10億人の視聴者がいると言われています。

そのsasuke(サスケ)がオリンピック競技になるのではないか、というニュースがネット上で話題になっていたのは2022年の6月のことで、国際近代五種連合が2024年のパリ五輪の後から近代五種の1つである馬術を外して、新たな競技種目として障害物レースの検討に入ったことからでした。

その障害物レースがまさにsasuke(サスケ)だったのです。

すでに障害物レースはテスト大会が行われていて、ヨーロッパ現地版のテレビ収録で使われsasuke(サスケ)の番組のセットが実際に使われたことから、正式にオリンピック競技になるのではないかとニュースとなったのです。

トルコで開催されたテスト大会には、19か国80人の選手が参加し、海外版sasukeの経験者も参加したそうです。

今後もテストが何度か行われ、IOCが認めれば2028年ロサンゼルスオリンピックからオリンピックの種目となります。

スポンサーリンク

なぜsasuke(サスケ)が選ばれた?

では、なぜオリンピックの新競技としてサスケが選ばれたのでしょうか?

理由は3つあります。

  • 160カ国以上の国と地域で放送され視聴者が全世界で10億人
  • 子供から大人まで男女も問わず人気で、また女子選手が初めて予選を完全制覇した
  • 勝者を決めるのではなく挑戦者を応援する形がオリンピックの精神に通じる

難易度の高そうな障害物レースではありますが、女性の参加者も多く、しかも完全制覇を成し遂げる選手も出てきたことから、女性ファンも増やし子供から大人まで家族で安心して視聴できる番組となったことから全世界に受け入れられ、sasukeブランドが出来上がりました。

そして、オリンピック競技にふさわしい大きな理由が、誰かを蹴落として勝ち上がるのではなく、己に挑戦して勝ちを取りに行く、トップになることだけが全てではないというsasukeの精神なのではないでしょうか。

sasuke(サスケ)はオリンピックの何の競技?

sasuke(サスケ)はオリンピックの「近代五種」競技の一つとして候補となっています。

近代五種競技とは、

  • 水泳
  • フェンシング
  • レーザーラン(射的+ランニング)
  • 馬術

の全く違った種類の五つの競技に挑戦する、万能性を競う競技です。

五種類の競技を1日で行う心身ともに限界まで追い込まれる、過酷でまさに万能性が問われる競技で、得意種目を持つ選手同士の戦いが繰り広げられるため、勝敗が最後まで分からない面白さがあります。

この中の「馬術」に入れ替わり「障害物レース」が検討されていて、そのテスト大会にsasuke(サスケ)の番組セットが使用されたのです。

sasuke(サスケ)という言葉そのままが競技になるわけではありません。

また、実際にオリンピック競技の種目になったとしても、sasuke(サスケ)のセットがそのまま使用されるわけでもないですが、テスト大会に使用されていることから、かなり似通ったものになる可能性は高いです。

sasuke(サスケ)の海外の反応

sasuke(サスケ)の海外の反応はすこぶる良いものです。

世界で165カ国以上の国と地域で放送されていて、世界規模で人気があります。

アメリカ版sasukeは、Ninja Warrior(ニンジャ・ウォリアー)という番組名で、2006年から放送がスタートしました。

アメリカ以外の国でも現地版を製作し、現在は25か国の国と地域で製作されています。

また、キッズ版「ニンジャ・ウォリアー・ジュニア」まで作られて、子供たちの間でも流行り「ニンジャ」という言葉も海外で浸透していきました。

子供から大人まで誰もが楽しめる「ニンジャ・ウォリアー・アドベンチャー・パーク」として展開し、イギリスやイスラエルなど世界15カ所以上で続々とオープンしているのです。

健康志向の高まりで、世界中でフィットネスブームが訪れていることも人気の後押しをしているようですね。

さいごに

以上「sasuke(サスケ)がオリンピック競技の種目の候補って本当?海外の反応は?」をお届けしました。

sasuke(サスケ)の人気は、日本にとどまらず海外に広がり、オリンピックの競技にもなるかもしれないという大変なものなんです。

日頃からトレーニングを積み重ねてきた出場者たちが、一回のチャンスにかけて全身全霊で挑む姿は、見ている側にも大きな感動を与えてくれます。

日本が生んだsasukeがスポーツとして認められ、海外で認められているのは誇らしいことですね。

タイトルとURLをコピーしました