バレンタイン渡すものの意味に注意!お菓子でNGなものはあるの?

生活

バレンタインに渡すものの定番といえば、チョコレートやクッキー、マカロンも人気ですよね。

他にもたくさんのお菓子がありますが、渡すお菓子に意味があったらどうしますか? バレンタインに渡すものによっては険悪な空気になってしまうことも・・・

今回は、バレンタインに渡すお菓子に込められた意味をまとめてみました。

お菓子によってはNGなものもあるのでチェックしておきたいところです。

今年のバレンタインは、渡すものの意味を知っていれば、お相手にとってベストなものをお渡しできますね♪

スポンサーリンク

バレンタインに渡すものには意味がある? 

バレンタインに渡すお菓子にはそれぞれ意味が込められているとされています。

  • 本命チョコ・友チョコ・義理チョコに向いているお菓子
  • 渡さない方が無難なお菓子
  • 意味をもたないお菓子

普段から海外ではお祝い事などでお菓子を贈る習慣が多いので、お菓子自体に意味を込めることが多いのですが、日本では特に気にする人は少ないかもしれません。 

しかし、本命の人にコソっと気持ちを込めたい場合や義理チョコで渡していたものが、実は『失礼だった』なんてこともありえるので知っていて損はないですよね。 

スポンサーリンク

バレンタインに渡すものの定番<お菓子>

バレンタインに渡すものと言えば、何と言ってもチョコレートですよね!

圧倒的にチョコレートが多いのですが、そのほかのお菓子を渡すことも多いんです。

因みに私の息子は子供の頃からチョコレートが大嫌い!チョコレートが嫌いな子供がいるものなのかと驚いたものですが、大人になった今でも食べられません。

ですので、彼はチョコレート以外のお菓子をもらっていますよ♪

では、バレンタインに渡すものの意味を一つずつ見て、実際に渡すときの参考になさってくださいね(^^)

チョコレート

バレンタインチョコレート

意味:特になし

いろいろな種類があって選びやすい定番のチョコレートですが、驚くことにチョコレート自体に意味はないんです。

逆に意味を考えたくない相手には、オススメのお菓子と言えます。 

実際には、デパートで売られているような高級チョコや心のこもった手作りチョコは「本命チョコ」として受け取られる場合が多く、スーパーで買ったような安価なチョコやみんなとパッケージが同じ細々したバラまきチョコだと「義理チョコ」と受け取られる場合が多いです。

バレンタインで告白を考えている、好きな気持ちを伝えたい方は、「本命チョコ」と一目でわかるような気合の入ったチョコレートを渡しましょうね。

クッキー

バレンタインクッキー

意味:友達関係でいよう

食感がサクサクして軽い印象のクッキーは、軽い友人関係をイメージします。 

仲の良い友達関係の男の子に渡したり、簡単に手作りできるお菓子なので友チョコとして女友達に良いお菓子と言えます。

キャンディー

バレンタインキャンディー

意味:あなたがスキです

固くて甘い味が口の中に長く残ることから、『関係が壊れない』『長く続く』という 意味が込められています。

【あなたのことが好き】の意味が込められているのは、チョコレートではなくて固く割れにくいキャンディーなんですね。

甘くていつまでも口の中に残り一緒に入れる時間が長いという意味に納得です!

マカロン

バレンタインマカロン

意味:あなたは特別

完成までに長い時間とたくさんのプロセスが詰まった、高級感のあるマカロンは『特別な人にしか贈らない』と感じる人が多いのでしょう。

カップケーキ

意味:あなたは特別

トッピングで可愛くデコったりできるのも特別感があり、作るのに手間がかかるという意味から特別という意味が込められています。

キャラメル

意味:一緒にいると安心する

味がいつまでも口の中に残り余韻を楽しめるキャラメルの特徴に由来しています。

キャラメルの味は、どこか懐かしさを感じるものでもありますので、安心だという意味になったと言われています。

マロングラッセ

意味:永遠に愛を誓う証

男性が女性に『永遠の愛』を誓うために贈るお菓子とヨーロッパでは言われるところから、バレンタインの意味としても永遠の愛なんです!

ロマンティックなバレンタインのお菓子はマロングラッセなんですね。

バームクーヘン

意味:幸せが幾重にも重なりますように

バームクーヘンは幾重にも重ねて焼くお菓子で、木の年輪をイメージしているので元々『円満』という意味があり、結婚式の引き出物にもよく使われていますよね。

マドレーヌ

意味:もっと仲良くなりたいです・円満

マドレーヌの形が貝がピッタリ合わさって円満な関係が想像できることから、この意味が込められました。

マシュマロ

意味:嫌い

口に入れるとすぐになくなってしまうので、そういう関係という意味が込められていますが、中にチョコレートが入っていると素敵な意味『純白の愛で包み込む』と変わります。

元々マシュマロは『やさしさで包む』という意味を持ちますが、いつの頃からか「君の気持ちには応えられないから、やさしさで包んで、そのままお返しするよ」という意味で解釈され、「気持ちにこたえられない(嫌い)」の意味に。

グミ

意味:嫌い

スーパーで買えるなど安価なイメージで、手抜き感を感じたり、食感がねちっこさを感じさせるのでしょうか。

バレンタインに渡すものの定番<お菓子以外>

バレンタインにお菓子以外のものを渡す人もいるので、ここでは、お菓子以外のものの意味を見ていきます。

靴下

意味:私を好きにして・あなたに心を許している

海外では室内でも靴を履くことが多く、普段はあまり見せないものということが由来となっています。 

しかし、『踏みつける』『見下す』といった意味になってしまうこともあるので、目上の方にプレゼン トするには向いていません。

パンツ

意味:より親密になりたい

下着は肌に密着する必要不可欠な存在ですですよね。

かなり意味深な意味を持ちますので、贈る相手に注意してくださいね。

ベルト

意味:気を引き締めて・浮気防止

ベルトは締めるものですので、こういう意味が込められています。

ハンカチ

意味:別れ

ハンカチは漢字で書くと『手巾』で『てぎれ』とも読めるため、別れの贈り物となりました。

ネクタイ

意味:あなたに首ったけ

首に関係することから『あなたに首ったけ』『あなたに夢中』という意味になります。

バレンタインに渡すもの<NG>

『マシュマロ』と『グミ』は、どちらも『きらい』という意味があるので、バレンタインにプレゼントするものとしては不適格と言えます。

しかし、マシュマロはチョコレート入りになると『純白の愛で包み込む』という、素敵な意味にかわりますよ。 

『ハンカチ』は、漢字で書くと手巾(てぎれ)となるので別れの意味となってしまうため、プレゼントに選びやすいものですがバレンタインには向いてないのです。

『靴下』も注意が必要で、恋人や本命に対しては『私を好きにして』『あなたに心を許している』という意味になります。

しかし、目上の方に対しては『踏みつける』『見下す』となってしまうこともあるので、避ける方がよ さそうですね。

バレンタインに渡すもの<友達>

 友チョコに向いているものは、『チョコレート』『クッキー』『キャラメル』『マドレーヌ』の4種類です。

特にクッキーはストレートに『友達でいよう』という分かりやすい意味になっています。

マドレーヌは『仲良くなりたい』の意味から、これからもっと仲良くなりたい友達に向いてい ます。

そして、懐かしい感じのするキャラメルは『安心できる存在』ということで親友に贈りたいお菓子です。 

バレンタインに渡すもの<嫌いな相手>

先にも書きましたが『グミ』や『マシュマロ』は、きらいという意味があります。 

ただ、あまりにもストレートすぎますよね。 

職場や付き合いなどで『あげたくないけど、波風たてないように配る…』場合は、意味のないお菓子を選んでおくのが無難です。

お菓子自体に意味のないもの 

チョコレート 

チョコレートは定番ですしみんなで分け合えるものが多いので、選びやすいのではないでしょうか。 

バレンタイン渡すものの意味まとめ

以上「バレンタイン渡すものの意味に注意!お菓子でNGなものはあるの?」をお届けしました。

バレンタインに渡すものに、こんなにも意味があったんですね。

ですが、この意味をすべて理解してバレンタインに渡したり貰ったりしている人は少ないと思われます。

何を渡せばいいのか迷った時の参考になさってくださいね。

本命の彼には、チョコレートの他にも次のようなものが良さそうです。

  • キャンディー 
  • マカロン 
  • カップケーキ 
  • キャラメル 
  • マドレーヌ 
  • バームクーヘン 
  • マロングラッセ
  • ネクタイ 
  • ベルト 
  • 靴下 

注意が必要なものは、 

  • グミ 
  • マシュマロ 
  • ハンカチ 
  • 靴下(目上の人にはダメ) 

今まで何気なく選んでましたが、意味を知ってみるとプレゼント選びがさらに楽しくなりますね。

タイトルとURLをコピーしました