オリンピック

四十住さくらは和歌山出身!兄の影響でスケボー選手に!wiki調べしました

オリンピック2020のスケートボード代表の四十住さくら選手は、兄の影響で小学校6年生の時からスケボーを始めました。

和歌山の実家の練習場で練習して、世界ランキング第2位まで昇りつめた彼女の今までの戦績や得意技をまとめました。

和歌山県出身でまだ19才の四十住さくら選手の、兄についてや、なぜスケボーを始めたのかなどをwiki調べしました。

四十住さくらを大野智が過去に取材!兄もスケボー選手?実家の練習場がすごい四十住さくら選手は、オリンピック2020のスケートボード代表選手で、兄の影響で小学校6年生の時からスケボーを始めました。 世界ラン...

四十住さくらの基本情報

◆名前:四十住 さくら(よそずみ さくら)

◆生年月日:2002年3月15日

◆身長:159㎝

◆体重:52㎏

◆出身地:和歌山県

◆学歴:和歌山・伊都中央高校

◆競技:スケートボード

◆過去のオリンピック代表歴:なし

◆所属:ベンヌ

若者のストリート文化から発祥したスポーツのスケートボードは、選手たちの年齢が若いことが特徴ですよね。

四十住さくら選手も、小学6年生(13歳)から競技をはじめ、現在19才です。

オリンピックでは、コース上の障害物を使って技を披露する「ストリート」と、くぼみのある複雑な形のコースで行われる「パーク」の2種目がありますが、

四十住さくら選手は「パーク」の代表選手に確定しました。

「パーク」の見どころは、斜面を利用しながら空中に飛び出して、その空中での技の難易度を競うところです。

いかにカッコよく、オリジナリティ溢れるテクニックを持ち時間45秒の中で見せれるかが勝負なのです。

主な戦績

2018年 日本選手権 優勝

2018年 アジア大会 金メダル

2018年 世界選手権 優勝

上記3大会はすべて初大会だったため、すべて「初代女王」ということになります。

そして現在は、世界ランキング第2位!

メダルがすぐそこにあるって感じです!!オリンピックで、きっとめちゃくちゃ緊張するでしょうけど、力をすべて出すことができれば、メダル取れるんではないでしょうか!

\スケボー始めたくなったら、購入はこちら↓↓/

得意技は?

四十住さくら選手は、高さのあるジャンプや、スピード感ある滑りから繰り出すダイナミックな技が得意としています。

技は100種類以上あるらしいです。

ある対談で得意技を聞かれ「バックサイドノーズブラント180アウト」と答えています。どんな技かというと、

右利きのスタンスで入って、180度回転した後、アール(コースの湾曲した部分)の縁のところにボードの先だけ引っかけて、そこから後ろ向きになって降りる技です。

出典:https://corp.shiseido.com/jp/sports/crosstalk/12.html

とご本人が回答しています。

想像できません・・・・(笑)

両利きでないと難しいそうで、他の選手は転ぶ率が高くあまりやらないそうです。

これは、両利きを使いこなす四十住さくら選手ならではの強みで、高得点に結びつくオリジナリティが抜群という事なんですね。

これにプラスして、米国アイオワ州デモインで現地時間5月23日に行われた「デュー・ツアー」で、「ファイブ(540)」という技を成功させて、優勝しました。

スポンサーリンク

四十住さくらは和歌山県出身

四十住さくら選手は和歌山県岩出市。

小学6年生からスケートボードを始めて、ただ楽しくて夢中になってどんどんやってたら、できることが増えていった感じなのだそうです。

和歌山県には練習場(パーク)がないことから、およそ90キロ離れた神戸市の練習場まで車で往復3時間かけて通っていたそうです。

2020年は、神戸市の練習場も閉鎖され満足に練習できなかった中、地元で100年以上続く酒造メーカーが練習場にと所有する倉庫を無償で提供しました。

2020年11月に、この地元の練習場が完成してからは、練習に打ち込める環境が整ったという事ですね。

 

四十住さくらは兄の影響でスケボー選手に

四十住さくら選手は、小学6年生の時に、13歳年上の兄・四十住 麗以八(よそずみ れいや)さんの影響でスケートボードを始めました。

兄が友達とスケートボードをしているところを目撃し、「カッコイイ」と一目惚れしたそうです。

最初は、兄からプレゼントされたスケートボードで一緒に練習していたようですが、みるみるうちに才能を開花させ、オリンピックの代表選手になりました。

お兄さんも、こんなことになるとは、夢にも思わなかったでしょうね。

さいごに

以上、「四十住さくらは和歌山出身!兄の影響でスケボー選手に!wiki調べしました」をお届けしました。

東京オリンピック2020では、持っている力を出し切れば、メダル獲得は夢ではありません!

スケートボードは、若い人のスポーツで、10代後半の選手が多いですよね。

もしお子さんが少しでも興味を待ったら、早くから触れさせるのがいいかもしれません。

四十住さくらを大野智が過去に取材!兄もスケボー選手?実家の練習場がすごい四十住さくら選手は、オリンピック2020のスケートボード代表選手で、兄の影響で小学校6年生の時からスケボーを始めました。 世界ラン...