【敬老の日のギフト】食べ物以外のおすすめは?年代別にまとめました

生活

敬老の日が近づいてきましたね。そろそろギフト・プレゼントを何にしようかなと悩むころではないでしょうか?

敬老の日のギフトに好物の食べ物を贈る方も多くいらっしゃると思いますが、ここでは食べ物以外なら何を贈るかに焦点を当てておすすめ商品を年代別に紹介していきます。

敬老の日のギフトで食べ物以外のものをお探しの方は参考にしてみて下さいね。

敬老の日のギフトは何歳から贈る?

敬老の日に何を贈るのかは、ご家族によって様々です。

同居している場合や遠方で暮らしている場合、年齢もそれぞれ違います。早ければ40代でお孫さんがいらっしゃる方もいますよね。

敬老の日といっても、おじいちゃんおばあちゃんがまだまだ若い場合などは「敬老の日のお祝いを贈ってもいいものか」と迷うこともあるでしょう。

一般的には、何歳から「敬老の日の対象の年齢だよ」という線引きはありません。

ご家庭によって、

  • お孫さんが生まれたら
  • 還暦を迎えたら
  • 70歳から
  • お孫さんが保育園や幼稚園などでプレゼントやお手紙を用意し始めたから仕方なく

など様々なんです。

敬老の日なんて要らない!という方もいらっしゃり、必ず絶対にギフトを贈らなければいけないということではありません。

元気で暮らしているのか電話するというのも敬老の日の行事としてよいですよね。

敬老の日のギフトは何歳からと決まっているわけではありませんので、お相手にお伺いを立ててみたり、そろそろかな~と思ったら、健康に気を付けてねと健康に気遣う言葉をかけながらさり気なく渡してみてくださいね。

ここでは、食べ物以外のギフトを紹介しています。

敬老の日のギフト<食べ物以外>60歳以下の場合

50代の祖父母はいらっしゃいますが、今の50代、とても若くておじいちゃんとか、おばあちゃんと呼ぶのは申し訳ないくらいではありませんか?

というのも、私は50代で年頃の娘もいますが、おばあちゃんと言われたらショックです!!

でも、孫がいてもおかしくはない年代。

ですので、「敬老の日のギフト60歳以下の場合」につきましては、私が貰ったら嬉しいだろうな、と思うものも含まれています。

とは言え、50代はまだまだ若いですのでお伺いを立てることも必要な場合もあります。トラブル回避のためにも、いきなり贈るのではなくさり気なく聞いてみるといいですよ。

お孫さんがいらっしゃる場合は、お孫さんからのお手紙や工作物だけで構わないと思います。

お孫さんからのプレゼントの他にも、ご自身がご両親に何か食べ物以外で贈り物をしたいなとお考えの方は参考にしてくださいね。

安眠グッズ

50代で睡眠の悩みを抱える人は少なくありません。特に悩みがなくても、安眠・快眠のプレゼントは絶対に無駄にはなりませんし、「いつまでも健康で」という願いにも当てはまりますね。

バックや帽子

50代の祖父母はまだまだ交友関係も活発です。

同年代のお友達と出かけることも多いでしょうから、快適にお出かけできるリュックなどのカバンや日差しをよけたり、悩みの多くなった髪の毛を隠すことができるオシャレ帽子も喜ばれますよ。

水筒やお弁当箱

職場では、まだまだ働き盛りの年代です。

職場にお弁当を持参される方でしたら無駄にもならず喜んで使ってもらえるでしょう。

敬老の日のギフト<食べ物以外>60代の場合

60代になりますと、お孫さんがいらっしゃる方が増えます。

また、健康面などでも50代の時とは違うなと感じることも多くなってくる年代です。

一般的にも還暦祝いをしたら、おじいちゃんおばあちゃんという呼び方を受け入れてくださる場合も増えてきて、「敬老の日」に抵抗がなくなってくる方も出てきます。

しかしながら、まだまだ見た目も若い方、バリバリお仕事されている方もたくさんいらっしゃいますので、様子を見ながらギフトを贈るか決めてくださいね。

50代のところで紹介したグッズ「安眠グッズ」「バックや帽子」「水筒やお弁当箱」も60代の方にもおすすめです。

健康グッズ

肩が痛い・腰が痛いが多くなります。

マッサージ器温熱グッズなどが喜ばれるようになってきます

ブリザーブドフラワー

60代はまだまだ交友関係も活発で、友人を自宅に招いたりすこともあるでしょう。

お孫さんの年齢がまだ小さく、子供家族が帰省してくるということも多々ある年代ですもありますね。

お部屋をパッと明るくするお花は喜ばれますし、枯れなくて手入れも不要なのに色が長い期間きれいに保つブリザーブドフラワーがおすすめです。

敬老の日のギフト<食べ物以外>70代の場合

70代になりますと多くの方にお孫さんがいる状況になります。また、本人たちの高齢であるという自覚が大きくなってきます。

特にお伺いしなくても敬老の日に嫌悪感を持つことは少なくなります。

パジャマや下着

全ての方に当てはまるわけではありませんが、交友関係が狭くなってきたりお友達と旅行に行くということも減ってきます。

そうすると、自分の身の回りのものにお金をかけなくなってきます。

身の回りのものを贈ると喜ばれる場合が多いです。

下着などは、普段使い用ではなく自分では買わないブランドのものや機能性が良いものを選ぶと喜ばれますよ。

ひざ掛け

少し寒いなと思う日は、今治の柔らかいブランケットが活躍します。

お昼寝の時や、寒いに車の中などでも使えますね。

お酒

ビールやワインなどのお酒を毎日飲んでいるのであれば、珍しいお酒をプレゼントすると喜ばれます。

70代後半になってくると、お孫さんが成人になってくる方も出てきますので、お酒をプレゼントするのではなく、お孫さんといっしょにお酒を飲みに行くというのもよいと思います。

敬老の日のギフト<食べ物以外>80代以上の場合

80歳を超えてくると、大小はありますが身体に不調が出てくる方がほとんどとなってきます。

自宅でゆっくりと過ごしたいという方が多くなってくるので、日常生活が楽しくなるものや楽になるものなどが喜ばれます。

ペア食器

ご夫婦お二人で優しく穏やかな日常を送ってもらいたいと願いを込めてペアの食器を贈るのはいかがでしょうか。

落としても割れにくい漆器のものでしたら、割れて怪我をする心配もありませんよ。

マッサージクッション

座っている時間が増えてくる年齢ですので、椅子やソファやベッドに持ち運びができるマッサージクッションも人気です。気持ちよくマッサージ気分を味わえますね。

あったかベスト

冷えが気になるご家族には、あったかいベストが喜ばれます。

手軽に羽織れてふんわり暖かなアイテムはお部屋の中に限らず寒い日のお散歩にも重宝しますよ。


食べ物以外で探してみたけど、ピンとくるものがなかった方はこちらの記事で、和菓子を探してみてはいかがでしょうか↓↓

\お孫さんと温泉旅行に行くというプレゼントも喜ばれますよ!/

さいごに

以上「【敬老の日のギフト】食べ物以外のおすすめは?年代別にまとめました」をお届けしました。

この記事では、敬老の日のギフト・プレゼントを年代別のおすすめとして食べ物以外のものをご紹介しましたが、この年代にはこの商品しかいけないということではありません。

ここで紹介したギフト・プレゼントはどの年代の方に贈っても喜ばれる品物です。

敬老の日を迎えられるご家族の好みなどによって選ぶとよいですよ。

\敬老の日に手土産としてお菓子を持っていくなら、今が旬の栗を使ったお菓子が喜ばれます!

タイトルとURLをコピーしました