ひたち海浜公園のネモフィラの混雑は?回避する方法はある?体験談とともに解説

ネモフィラ

日本で1番有名なネモフィラの花畑といえば、茨城県の国営ひたち海浜公園ではないでしょうか?

ネモフィラの見頃時期になると、ここ数年必ずテレビなどで紹介されて、年々来場者が増えていました(ここ2年は自粛中ですが)。

今年は感染対策しながらの営業ですが、ネモフィラの見頃時期、特にゴールデンウィークは混雑が予想されています。

平日に行くことが可能なら比較的空いている平日に行かれるといいでしょう。

ここでは、休日のひたち海浜公園のネモフィラはどのくらいの混雑具合なのか、回避は可能なのか、実際にゴールデンウィークに行った経験から解説します。

ひたち海浜公園のネモフィラの基本情報

◆名称:国営ひたち海浜公園

◆住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

◆TEL:029-265-9001 (ひたち公園管理センター)

◆開園時間:9:30~17:00(7/21~8/31は18:00まで、11/1~2/29は16:30まで)

※2021年4月24日(土)、25日(日)、29日 (木・祝)~5月5日(水・祝)の間は、開園時間を7:00に繰り上げ、閉園時間を18:00まで延長(2022年は未発表)

◆休園日:
・火曜日(火曜日が祝日にあたる場合は直後の平日)
・12/31,1/1
・2月第一月曜日から金曜日
※3/26~5/31、7/21~8/31、10/1~10/31、12/25~12/30、1/2~1/3は定休日なし

◆入園料:
・通常時:大人(高校生以上)450円・中学生以下無料
・繫忙期:大人(高校生以上)700円・中学生以下無料

◆駐車場:有料あり/4.350台

ひたち海浜公園は茨城県で一番有名と言っても言い過ぎではないほど、ネモフィラ人気のおかげで大変人気が出て、ここ数年間来場者数がどんどん増えている公園です。

広さは東京ドーム約41個分というかなり広い公園で、一日では遊びつくせないほどの見どころがあります。

と言っても、一年中混雑が続くわけではなく、特に春のネモフィラと秋のコキアの時期に混雑がMAXになります。

私も例にもれずゴールデンウィーク期間にネモフィラ観賞に訪れました。が、なるべく人の少ない写真を撮りたかったし、渋滞にも巻き込まれなかったので対策をして出かけました。

読み進めていただくと、混雑を回避する方法の1例がお判りいただけます。

ひたち海浜公園のネモフィラの混雑はどのくらい?

ひたちなか海浜公園のネモフィラの見頃の時期は4月中旬~5月上旬で、ゴールデンウィーク期間重なります。

休日は大変混雑します。

気温も暖かくなりレジャーに出かけたくなる時期でもあるので、ゴールデンウイークのお出かけスポットとして茨城県にとどまらず関東近県から、多くの観光客が押し寄せます。

私も実際に2019年のゴールデンウイークに訪れました。

いや~人が多かったです。

Twitterやインスタグラムでの投稿を見ても「混雑」と書いている人が多いです。

ひたち海浜公園の公式ホームページに混雑予想が記載されています。もちろんお天気などで変わることはありますが、参考になると思います。

ひたち海浜公園のネモフィラの混雑を回避した方法

ここからは、私個人の体験談ですので、必ずこのようになるわけではないですし、実践したからといって混雑回避を保証するものではありませんのでご了承ください。

ひたち海浜公園への到着時間

私は東京都在住で、ひたち海浜公園へは、自家用車で約2時間の距離となります。

私の考える絶対条件として、開園前から並ぶです!

私の行った2019年5月3日は、8:00開園でした。

そこで7時からに並ぶことにしました(まるでディズニーのよう!!)。その時の様子がこちら↓↓

結論:開園1時間前くらいから並ぶ

ですから、ひたち海浜公園付近の渋滞も考慮して早朝4時半に出発する、もしくは近くのホテルに宿泊するとなります。

私は、朝の早起きが苦手で、若くもなく体力に自信がなかったので前泊するを選びました。

泊まったホテルはココ↓↓
プレジデントホテル水戸

最安値は4200円とリーズナブルです。ゴールデンウィーク期間でしたので最安値ではありませんでしたが、そんなに高くなかった記憶です(覚えていなくてすみません)。

ひたち海浜公園までは車で20分ほどでした。

ギリギリになって宿泊先を探したので、他に空きがなかったというのもありますので、早くから探せばもっと良い宿泊先が見つかるかもしれませんね。

でも、プレジデントホテル水戸で十分満足でしたよ(*^^*)

1時間前から並ぶつもりで行動すれば駐車場待ちはありません。スムーズに誘導されて駐車場することが出来ます。

みはらしの丘へ直行

次に、開門と同時にみはらしの丘へ最短ルートで直行です!(トイレも事前に済ませてください)少しの時間のロスが、命取りに!(大袈裟に言ってます)

みはらしの丘へ着いてからの写真を比べてみると

到着直後の写真↓↓

到着約15分後の写真↓↓

走るまでは行きませんが早歩きで行って、みはらしの丘へ着いてから後ろを振り返ると、ものすごい人の波がこちらに向かってきていました。

とにかくサッサと写真を撮りまくります。

結論:とにかく早く歩く!トイレは行くな!

その後は、もう急ぐ必要はありません。時間はまだ午前9時前。ネモフィラのエリア以外は空いていますので、ゆっくりと他のエリアへ移動します。

ちなみに私はチューリップ畑が満開を迎えていましたのでそちらへ行き、その後、プレジャガーデンエリアにあるレストランでお目当てのネモフィラカレーをいただきました。

以上が、私のネモフィラ観賞の体験談となります。

\今年の日焼け止めはコレ!!コスパよし!/

絶対に混雑は嫌な場合は?

絶対に混雑を避けたい場合は、平日に行くしか方法はありません。平日に上記のような対策を取れば、ハッキリ言ってガラガラです(人がいないわけではありません)。

事情があって人混みは困るという方は、平日の開園少し前に行ってみてください。

さいごに

以上「ひたち海浜公園のネモフィラの混雑は?回避する方法はある?体験談とともに解説」をお届けしました。

テレビでも紹介されているのを見かけた方も多くいらっしゃると思います。とにかく人気な場所で、特に休日、ゴールデンウィーク期間は大変混雑します。

少しでも、混雑を避けて、他人の映り込まない写真を撮りたいですよね。

その写真の美しさは格別ですよ!

回避する方法の1例をご紹介しました。お役に立てれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました