ひたち海浜公園のネモフィラ2022の所要時間は?見頃や駐車場情報も合わせてご紹介

ネモフィラ

桜の季節とともにやって来る、天国のような写真が撮れると毎年話題に上がるネモフィラの花畑。

日本全国ネモフィラの花畑が増えてきましたが、全国一有名な花畑は何と言っても「ひたち海浜公園」でがないでしょうか。

人気が高く茨城県のみならず、東北・関東など遠くからでも観賞に訪れる人が多く、見頃時期には多くの観光客でにぎわいます。

ここでは、広いひたち海浜公園のネモフィラは所要時間どのくらいなのか、一番の見頃や開花状況、周辺駐車場について解説します。

ママ友
ママ友

人気のひたち海浜公園、すごい人気と聞いたけど。。。。

わたし
わたし

そうね。休日やGWはスムーズに観賞するために、所要時間や駐車場など調べておくといいわよ。

ひたち海浜公園のネモフィラの混雑は?回避する方法はある?体験談とともに解説
日本で1番有名なネモフィラの花畑といえば、茨城県の国営ひたち海浜公園ではないでしょうか? ネモフィラの見頃時期になると、ここ数年必ずテレビなどで紹介されて、年々来場者が増えていました(ここ2年は自粛中ですが)。 今年は感染対策し...

ひたち海浜公園のネモフィラ2022の基本情報

◆名称:国営ひたち海浜公園

◆住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

◆TEL:029-265-9001 (ひたち公園管理センター)

◆開園時間:9:30~17:00(7/21~8/31は18:00まで、11/1~2/29は16:30まで)

◆休園日:
・火曜日(火曜日が祝日にあたる場合は直後の平日)
・12/31,1/1
・2月第一月曜日から金曜日
※3/26~5/31、7/21~8/31、10/1~10/31、12/25~12/30、1/2~1/3は定休日なし

◆入園料:
・通常時:大人(高校生以上)450円・中学生以下無料
・繫忙期:大人(高校生以上)700円・中学生以下無料

◆アクセス:

【電車の場合】
・JR常磐線「勝田駅」「東海駅」から路線バス約15~20分(「東海駅」からは30分)
・ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ヶ浦駅」からシャトルバス約10分
・「東京駅」かた高速路線バス約2時間

【車の場合】
・北関東自動車道~常磐那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」すぐ
・常磐自動車道「日立南太田IC」から約15㎞

◆駐車場:
・西駐車場2.000台
・南駐車場2.000台
・海浜口駐車場350台

ひたち海浜公園はネモフィラの花畑だけでなくプレジャーガーデン(遊園地)やサイクリングコースもある、とっても大きな公園で、東京ドーム約41個分の大きさとなる約31.5ヘクタールもあります。

ネモフィラの花畑は、その北側の一角「みはらしエリア」にあります。

ひたちなか海浜公園の見晴らしエリアは小高い丘になっていて、丘の上に上ると太平洋が広がる壮大な景観を見ることができます。

私自身、空に溶け込むようなネモフィラの花が大好きで、あちこち観に行きましたが、ひたち海浜公園を超える場所に出会えていません。

ひたち海浜公園のネモフィラ2022の所要時間

ここでは、ひたち海浜公園がどのくらいの大きさでどのようなエリアがあるのか、エリアごとにどのくらいの所要時間が必要なのか。

また、エリアの移動にどのくらいの所要時間が必要なのかを解説します。

ひたち海浜公園の各エリアと所要時間

ひたち海浜公園は非常に大きな公園で、大きく分けて7つのエリアに分かれています。

みはらしエリア

ネモフィラの花畑が大部分を占めています(秋はコキア畑となります)。ネモフィラの花畑の手前は菜の花畑で、ネモフィラとのコラボ写真を撮ることが出来ます。

●みはらしの丘・・・ネモフィラ(秋はコキア)

●みはらしの里・・・菜の花(そのほかの季節は、レンゲ・ヒマワリ・ジニア・ソバ)。古民家の風景が広がります。

所要時間:30分

樹林エリア

既存の植生を最大限に活かして整備した、アカマツとクロマツの樹林を主体とした里山。観察池には、カワセミや水鳥が訪れるなど、たくさんの生物を身近に観察することができます。

所要時間:40分

草原エリア

開放感に溢れた芝生の広場で、ボール遊びから大規模イベントまで様々な遊びのできる多目的広場です。バーベキュー広場やアスレチック広場(小学生対象)のあり、家族や友人たちと大自然の中で思い思いの楽しみ方ができます。

所要時間:30分

砂丘エリア

ひたち海浜公園で最も海の近くに位置する「大砂丘」は、最頂部からは右手に阿字ヶ浦海岸、左手に常陸那珂港が広がり、海風が大変心地よいエリアです。

さまざまなハーブが植えられており、季節に応じて香りやハーブガーデンの風景が楽しめます。

所要時間:40分

西口エリア

西口の翼のゲート直ぐのエリアで、水のステージと大きな池が目に飛び込んできます。水仙ガーデンやチューリップが植えられているたまごの森フラワーガーデンなど、カラフルで散策が楽しいエリアです。

所要時間:30分

南口エリア

南口ゲートのエリアで、広葉樹の紅葉が見られる唯一のスポットでもあります。

所要時間:20分

プレジャーガーデンエリア

ネモフィラの花壇がある遊園地のエリアで、観覧車やメリーゴーランドなどの乗り物やレストランや売店があるエリアで、中央ゲートの目の前です。

所要時間:20分(飲食・乗り物除く)

※所要時間は、そのエリアだけをゆっくり一回りする時間です。飲食をしたり乗り物に乗ったりする時間は含んでいません。

ひたち海浜公園公式ホームページからガイドマップを印刷することが出来ます。

ひたち海浜公園のエリア間の移動の所要時間

ひたち海浜公園の各エリアは隣り合っていますが、離れたエリアに行く場合はかなりの距離があるので、回るエリアを決めておく、回る順番をきめておく、そして回りたいエリアにスムーズに行くために入場するゲート・停める駐車場を決めておくことが大変重要となります。

例を挙げると、ネモフィラの花畑を見た後にチューリップ畑を見てからプレジャガーデンエリアで観覧車に乗りたい場合、

西駐車場に車を駐車して西口翼のゲートから入場。西口エリアの大池の横を通り過ぎて、「記念の森レストハウス」の横を抜けてみはらしエリアへ。

みはらしエリアの菜の花畑で写真撮影、その後みはらしの丘の遊歩道を散策しネモフィラの花畑を楽しむ(写真撮影)。

ネモフィラの花畑を楽しんだ後、「記念の森レストハウス」まで戻り、たまごの森フラワーガーデンでチューリップ畑で写真を撮りながら通過し、そよかぜ橋を渡って、プレジャガーデンエリアへ行き、観覧車に乗る。

といったコースになります。

西口ゲートからみはらしの丘のふもとへ行くまでに約900mで徒歩10分ほどかかります。

また、みはらしの丘のネモフィラ花畑からプレジャガーデンエリアまでは、(チューリップ畑経由)1300mで徒歩16分、又は大草原の芝生広場を横切る短縮コースで約850mで徒歩10分です。

ですので、上記のようなコースにするのであれば、

西口翼のゲートーー(約10分)ーーネモフィラの花畑みはらしの丘(30分散策)ーー(約9分)ーーチューリップ畑(10分散策)ーー(約7分)ーープレジャガーデンエリア(例:観覧車30分)

合計96分

そこにみはらしの丘でコーヒーやジュースで休憩、プレジャガーデンエリアのレストランで食事をすると、プラス60分と考え、156分(2時間36分)

合計156分

となります。

すんなりとスムーズに鑑賞・移動が出来れば、約2時間40分ほどでネモフィラ観賞とランチをすることができます。

が、見頃の休日などはおそらくスムーズに鑑賞とはいきませんので、時間に余裕を持たれた方が賢明です。

\流行りのくすみカラーにもピッタリのスニーカー!新しいスニーカーで心も軽く行きましょう!/

ひたち海浜公園のネモフィラ2022の見頃

ひたち海浜公園の2022年のネモフィラの見頃は4月中旬~5月上旬です。

ネモフィラの花は桜(ソメイヨシノ)が咲くころから咲き始め、満開になるのは4月下旬ごろです。ゴールデンウィーク期間の前半がネモフィラの見頃のピークとなります。

ひたち海浜公園のネモフィラの花畑の来場のピークもゴールデンウィーク期間となっています。

その年の天候によって多少前後しますが、概ね4月中旬~5月上旬が見頃です。ただ、暖冬だった年は1週間ほど早くピークを迎え、ゴールデンウィーク期間後半はピークアウトしているということが以前ありましたので、

満開のネモフィラを楽しみたい方は、ゴールデンウィーク前半には訪れたいです。

\光拡散UVで美肌に!/

ひたち海浜公園のネモフィラ2022の駐車場

ひたち海浜公園には、「西駐車場」「南駐車場」「海浜口駐車場」の3つの駐車場があります。それぞれの駐車場から近いエリアや施設が異なりますので、目的に合わせて選ぶとスムーズに鑑賞できます。

ネモフィラの花畑があるみはらしの丘へ行く場合は、「西駐車場」がおすすめです。

「海浜口駐車場」も近いのですが、収容台数が350台と少なく、一旦海浜口駐車場へ行ってしまうと西口駐車場に戻ってくるのに時間のロスが発生します。

ゴールデンウィーク期間中の混雑期間であれば、最後尾に並ばなけれはならず、収容台数が2000台と多くてみはらしの丘にも近い「西口駐車場」へ行くことが賢明です。

ひたち海浜公園の駐車場が混雑しているときには、公式Twitterで空き情報を知ることが出来ます。

随時更新となっており、1日に6回ほど更新されています。

ライブカメラのように確認できるわけではありませんが、どこの駐車場に空きがあるのか確認できるのはありがたいですね。

◆駐車場開門時間:9:15頃※準備出来次第

◆駐車場料金:普通車520円・二輪車260円

https://serorino-hitorigoto.com/hitatukaihin-konzatu/

\水分補給は必須です!少し小さめが持ち運びに便利です!/

さいごに

以上「ひたち海浜公園のネモフィラ2022の所要時間は?見頃や駐車場情報も合わせてご紹介」をお届けしました。

大変な人気でネモフィラの見頃時期は大変な混雑が予想されるひたち海浜公園ですから、どこに何があるのかな、どこを見よう、どこで遊ぼう、と計画を立てておけば、効率よく回ることが出来ますね。

とても大きな公園で、1日で全て回ることは不可能かもしれません(私自身も半分ほどしか行けていません)。

青空の下、風に揺れる小さな可憐な花を楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました