寒川神社の初詣2023の屋台情報!参拝時間は?混雑状況や駐車場についても紹介します

初詣

約1600年の歴史がある寒川神社は、日本で唯一の八方除けの守護神として知られています。

そんな歴史が深い寒川神社に初詣に行きたいとお思いの方も多いと思います。

毎年、初詣の時期には見事な色彩で迫力のある「迎春干支ねぶた」が飾られ、参拝客を出迎えてくれます。

2023年の初詣にはたくさんの参拝客で混雑することが予想されますが、4日以降は参拝客も少し落ち着いてきます。

また、初詣と言えば屋台を楽しみにしてらっしゃる方も多いと思います。

ここでは、2023年の寒川神社三が日の参拝時間屋台の出店情報混雑状況駐車場情報についてを書いていますので初詣の計画の参考にお役立てくださいね。

寒川神社の初詣2023の基本情報

寒川神社

◆名称:相模國一之宮 寒川神社

◆住所:神奈川県高座郡寒川町 宮山3916

◆お守り授与:2020年1月1日~1月3日は終日可能・1月4日以降は8:00~17:00位

◆電話:0467-75-0004

◆アクセス:
【電車】JR相模線 宮山駅より徒歩約7分
【車】:①圏央道寒川北ICから県道46号経由2km3分 ②東名高速厚木ICから7km15分

◆例年の参拝者数:約50万人

◆参考:寒川神社公式ホームページ

寒川神社は日本で唯一の八方除けの守護神として知られています。

「八方」とはあらゆる方角のことで、さまざまな方角からの厄を除け、よいことがおきるように祈祷することが八方除けです。

また、寒川神社の御祭神は寒川比古命(サムカワヒコノミコト)と寒川比女命(サムカワヒメノミコト)の二柱で、寒川大明神と呼ばれ、全ての災難を取り除き、家業繁栄、福徳円満をもたらしてくれる全国唯一の御神徳で、源頼朝・武田信玄・徳川家代々から信仰を受けてきました。

近年は恩恵を求めて全国からたくさんの参拝客が集まり、地域の人々にも親しまれている神社です。

寒川神社の初詣2023の屋台について

屋台のタコ焼き

例年12月31日から1月6日まで屋台の出店があり、参拝客のお腹を満たしてくれます。一部店舗は大晦日から元旦は深夜まで営業しているお店もありますが、2日以降は朝10時頃から日没までの営業のお店が多いです。

寒川神社の参道には、屋台と言って思い浮かべる食べ物は、だいたいそろっているので何を食べようか迷ってしまいます。

  • 広島焼
  • 焼きそば
  • たこ焼き
  • じゃがバター
  • 牛ステーキ串
  • イカ焼き
  • いちごあめなど

ほかにもお店はありますが店舗ごとにオリジナルの味付けをしているお店もあるので、お好みの味を見つけてみてください。

寒川神社の三が日の屋台は特に混雑が予想されますので15分以上並ぶ気持ちでいた方がよさそうです。

<寒川神社の屋台営業時間>

  • 12月31日の23:00頃から開店、1月1日は20:00前後に閉店
  • 1月2日以降は、10:00頃から開店、19:00頃に閉店

※例年、曜日によりますが1月6日くらいには撤収されていることが多いようです。
※変更になる可能性もあります。

寒川神社の初詣2023の参拝時間

寒川神社

寒川神社の三が日の参拝時間は終日参拝できますが、あまりに参拝客が多いとこのご時世なので、入場規制になる可能性があります。

4日以降になると通常通り、午前6時から日没までが参拝時間です。

◆参拝時間:
【元旦午前0時~3日の日没まで】終日可能
【4日以降】午前6時~日没まで

三が日に初詣に行かれる方は、最も参拝客の多い時間帯が元旦の0時から2時30分頃なので、早朝または夕方以降18時頃までに参拝すれば少し混雑が緩和されるかと思います。

お正月にゆっくりと時間が取れる方は4日以降に初詣に行き、のんびり参拝してから屋台グルメを楽しむのもいいかもしれません。

寒川神社の初詣2023の混雑状況

神奈川県内では2番目に初詣の参拝客の多い寒川神社ですので、三が日は例年約50万人の参拝客で境内は大混雑します。

大晦日の22時すぎから並び始める方もいて、本殿に参拝するまで2時間以上かかる場合もあります。

境内にお手洗いはありますが数に限りがあり行列ができるので余裕を持って行動するのがよさそうです。

2023年の初詣にはたくさんの参拝客が集まることが予想されますが4日以降は参拝客も少し落ち着いてきます。

どうしても三が日にしかお休みがない、都合がつかない方も多いですよね。そんな方は早朝または夕方以降の参拝をおすすめします。

三が日でもこの時間帯は比較的人の少なくなる時間帯です。

寒川神社の初詣2023の駐車場情報

駐車場

寒川神社には第一駐車場から第四駐車場まで400台の無料駐車場がありますが、三が日は開放されないのでご注意ください。

寒川神社の周辺は三が日は交通規制もあるので近くまで行くのには時間がかかるので余裕を持っていくことをおすすめします。

寒川神社の駐車場では寒川神社近隣の住民が敷地を貸し出してくれたり、ガソリンスタンドや町営の臨時駐車場が解放されるので、臨時駐車場を利用して歩いて寒川神社へ行けます。駐車場代金は1回1000円位が現在の相場です。

臨時駐車場が点在していても午後になる頃には駐車場待ちの車が多くなってきますので早めの時間に駐車場に止められるよう出発しましょう。

寒川神社の初詣2023のまとめ

以上「寒川神社の初詣2023の屋台情報!参拝時間は?混雑状況や駐車場についても紹介します」をお届けしました。

寒川神社は全国唯一の八方除けの神様として知られていて、三が日の参拝は混雑します。最も混むのは元旦0時から2時30分頃までなので三が日に参拝するなら2日以降の早朝または夕方18時頃の参拝がおすすめです。

屋台は元旦は深夜まで営業する店舗もあります。さまざまなお店が並びますので、参拝後は屋台グルメでお好みの味を見つけてください。

寒川神社の駐車場は三が日は解放していないので注意が必要です。臨時駐車場が寒川神社周辺に点在しているので停める場所には困りませんが、午後になる頃には駐車場待ちの車も出てくるので早めの出発がおすすめです。

寒川神社に初詣に行く際はなるべく混雑を避けて、1年間の無病息災をお祈りしましょう!

タイトルとURLをコピーしました