羽根木公園の梅2022の見頃やアクセスは?梅の花越しに見える富士山が良き!

季節のイベント

東京都世田谷区の羽根木公園の一角の梅林は小高い丘になっていて、その日当たりの良い南斜面に、梅の見頃になると紅白の梅やピンクの梅などが咲き誇り、訪れる人を楽しませてくれます。

羽根木公園は梅林だけでなく、小さな子供も走って遊べる広場や、軟式野球場などのスポーツ施設、そして、桜や紅葉など季節を感じる自然にあふれ、アクセスも良いことから地元の人だけでなく遠方から訪れる人も多い公園です。

毎年梅の見頃時期に開催される「せたがや梅まつり」は、世田谷の春の風物詩となっています。

ここでは、2022年の羽根木公園の梅の見頃や開花状況、梅まつりについて解説します。

東京の梅2022のおすすめを紹介!絶景スポットや梅にちなんだスイーツも
まだまだ霜が降りるような寒い日が続き、肩に力がついつい入ってしまいがちな日々の中、少しずつ目に映る景色に色が付き始め、 小さな春の訪れを見つけられるころ、赤や白の小さな可愛い梅の花が咲き始めます。 ここでは、2022年の東京の梅...
湯島天神(天満宮)の梅2022の見頃や開花状況!梅酒飲み比べや梅が枝餅の情報も
東京都文京区にある湯島天神(湯島天満宮)は、菅原道真公をお祀りしていることから受験の神様として、受験生のいるご家庭では一度は耳にしたことがあるであろう、関東近県の方には馴染み深い神社です。 学問の神様と言えば、福岡県の太宰府天満宮が最...

羽根木公園の梅2022の基本情報

◆名称:羽根木公園

◆住所:東京都世田谷区代田4丁目38ー52

◆TEL:03-3322-0415

◆アクセス:
・小田急線「梅ヶ丘駅」徒歩3分
・東急井の頭線「東松原駅」徒歩7分

◆駐車場:32台(30分/100円)

羽根木公園は、小田急線「梅が丘駅」から徒歩3分、あっという間に到着という駅前立地ですが、テニスコートや軟式野球場・広場・子供の遊具もあり、

また、春には桜や梅、秋には紅葉などの自然を楽しむことのできる公園です。

私が訪れた時も、梅の花が少しだけ咲き始めた1月中旬でしたが、小さなお子さんを連れたファミリーが多く訪れていた印象でした。

小高い丘になっていて起伏もあることから、運動を兼ねたお年寄りの方々も暖かい日差しの中、ゆっくりのんびりとお散歩を楽しんでいるのも見かけました。

スポーツ施設も充実し、多くの自然に触れることができるので、若い人から年配の方まで全世代の方に人気のある公園なのです。

羽根木公園の梅2022の見頃

羽根木公園には、紅梅270本と白梅380本の合計650本の梅の木が植えられており、都内屈指の梅の名所となっています。

行くなら、紅白の梅が咲きそろった時期が最高ですよね。冬のピンと張りつめた空気と青空、紅白の梅は本当に絵になりますし、映えた写真を撮ることも楽しみの一つとなります。

では、梅の花の見頃と開花状況について解説していきます。

羽根木公園の梅の見頃

羽根木公園の梅の見頃はいつなのかというと、

2月上旬~3月上旬です。

梅の花には早咲きのものもあり1月中旬から咲き始めるので、芽吹いてきた梅の花を見つけ、いち早く春を見つけたいのであれば1月中旬から楽しめます。

ただ、梅の花が咲きそろってくるのは2月に入ってからとなります。

満開になるのは2月下旬~3月上旬頃です。

上の写真は2022年3月5日筆者撮影の写真です。この日は晴れて暖かくレジャーシートを敷いてお花見している家族や少人数のグループが混雑はしていませんが、いらっしゃいました。

梅の木の間の遊歩道は、ほんのり梅の香りが漂います。

羽根木公園の梅の開花状況

羽根木公園の梅の開花状況は、世田谷区のホームページ(現在は終了)より確認することが出来ます。

1週間に1度更新されているようですので参考にできますね。

また実際に行った方がTwitterやインスタグラムに投稿していることもありますので、最新の情報を知ることが可能です。

↑2022年1月9日筆者撮影・・・早咲きの梅が数本咲き始めていました。

羽根木公園の梅2022のアクセス

羽根木公園の梅が人気がある理由の一つにアクセスの良さがあります。

電車で行く場合は、2通りあり、

・小田急線「梅ヶ丘駅」徒歩3分

・東急井の頭線「東松原駅」徒歩7分

となっています。

実際に行った時は東急バスを利用しましたが、小田急線「梅が丘駅」が終点のバスでしたので、徒歩2分ほどで羽根木公園に到着しました。

公式ホームページなどには小田急線「梅ヶ丘駅」徒歩5分となっていますが、実際は徒歩3分ほどですし公園入口までは平坦です。

私が利用した東急バス「等13系統」は、

・東急大井町線「等々力駅」
・東急田園都市線「駒沢大学駅」
・東急世田谷線「世田谷駅」

を通りますので、これらの駅や路線を利用している方には、便利だと思います。

それぞれの所要時間は

・東急大井町線「等々力駅」から約35分
・東急田園都市線「駒沢大学駅」から約16分
・東急世田谷線「世田谷駅」から約9分

となっています。概ね日中は1時間に2本程度の運行となっています。

詳しくは東急バスナビで確認してみてくださいね。

他にも、

・小田急バス「梅ヶ丘駅北口」徒歩5分
・東急バス「代田四丁目」徒歩7分

となっています。

羽根木公園の梅まつり2022について

2022年のせたがや梅まつりは中止となっています!

羽根木公園では、例年梅の見頃時期に合わせて「せたがや梅まつり」が開催されています。

残念ながら2021年に続いて2022年も感染拡大防止のための措置として中止となってしまいました。

いたるところに上のような看板が立っていました。お店なども自粛して公園内には出ていませんでしたが、梅園入口付近に、梅酒やはちみつ、焼き芋が販売されていました(土日のみ)。

例年であれば、舞台が組まれて期間中の土日に、地元住民の方々によるカラオケ・舞踊などの演目に加え、区内大学の落語研究会による落語の講演で梅まつり会場を盛り上げます。

また、世田谷区と相互協力協定の関係にある群馬県川場村の物産展で、新鮮な果物や野菜が販売されたり、

世田谷園芸商組合による植木・園芸市、地元商店街や自治会による模擬店やお菓子の販売があり、大勢の人でとても賑わいます。

特に梅関連の商品が人気があり、「梅大福」は毎日3,000~4,000個売れるそうです。

名物なのは「代田餅つき」といわれる餅つきで、6人~8人で円になって、1つの臼にいれられたもち米を餅つき歌に合わせて全員で一斉につくものです。大迫力のこの餅つきでできるお餅は、多くの地域住民に愛されて、みんな楽しみにしています。

2022年度は残念ながら中止となってしまいましたが、来年はきっと開催されると思います(思いたい!)。来年の開催を期待しましょう。

因みに「梅大福」に関しましては、せたがや梅まつりとは別に2021年2月11日~28日の間に毎日販売されていました。

2022年度も、まだ発表されてはいませんが販売があるかもしれません。分かり次第追記いたします。

<2021年の情報です>

◆期間:2021年2月11日~28日(荒天中止)

◆時間:9:00~15:30(売切れ次第終了)

◆場所:羽根木公園売店付近

◆販売元:御菓子司 亀屋 経堂本店

羽根木公園の梅2022の絶景は梅越しの富士山

羽根木公園の梅林は小高い丘になっていて、一番高い場所まで登ると西方向に富士山を望むことが出来ます。

満開時期の梅の花越しの富士山は、日本に住んでいれば誰でも感嘆の声がでてしまうほど美しい風景です。

富士山からは遠く離れた東京で、この絶景を観ることができるのはこの羽根木公園くらいかもしれません。

遠いので富士山は小さいですが、肉眼でハッキリと見えます。

筆者の撮影日が1月9日ですので、まだ梅の花は咲いていませんが、これが満開になると素敵な景色になりますね。

さいごに

以上「羽根木公園の梅2022の見頃やアクセスは?梅の花越しに見える富士山が良き!」をお届けしました。

アクセス抜群で関東屈指の梅の名所である羽根木公園の梅は、美味しいものがたくさん!ある、魅力いっぱいです。

残念ながら「せたがや梅まつり」は中止になってしまいましたが、梅の花は変わらず可憐に咲いてくれます。

密に気を付けて、春を感じに出かけてみてはいかがでしょうか。

池上梅園の梅2022(池上本門寺隣)!開花状況や見頃は?駐車場や近くお土産も解説!
東京都大田区にある池上本門寺は日蓮宗の大本山として有名ですが、その池上本門寺に隣接して池上梅園があります。 決して広くはない梅園ですが、30種約350本の梅の木が所狭しと植えられています。傾斜のある土地に植えられており、下からの眺めは...
湯島天神(天満宮)の梅2022の見頃や開花状況!梅酒飲み比べや梅が枝餅の情報も
東京都文京区にある湯島天神(湯島天満宮)は、菅原道真公をお祀りしていることから受験の神様として、受験生のいるご家庭では一度は耳にしたことがあるであろう、関東近県の方には馴染み深い神社です。 学問の神様と言えば、福岡県の太宰府天満宮が最...
東京の梅2022のおすすめを紹介!絶景スポットや梅にちなんだスイーツも
まだまだ霜が降りるような寒い日が続き、肩に力がついつい入ってしまいがちな日々の中、少しずつ目に映る景色に色が付き始め、 小さな春の訪れを見つけられるころ、赤や白の小さな可愛い梅の花が咲き始めます。 ここでは、2022年の東京の梅...
タイトルとURLをコピーしました