住吉大社の初詣2023の屋台情報!人数と混雑状況や駐車場についても解説

初詣

地元の方から「すみよっさん」と愛され親しまれている「住吉大社」の初詣客数は全国で10位以内に入るほどの大人気初詣スポットです。 

例年住吉大社の初詣は多くの参拝客で賑わい活気にあふれています。

初詣で楽しみの1つは屋台ですよね!そんな活気あふれる住吉大社の屋台情報や初詣の参拝人数と混雑情報についてまとめました。

また住吉大社の駐車場情報についても解説しています。

住吉大社の初詣2023の基本情報

◆名称:住吉大社

◆住所:大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-98 

◆TEL:06-6672-0753 

◆開門時間(通常時):6時~16時(外周門)17時(御垣門)※10月~3月は6時半~

◆お守り授与:9時~17時

◆アクセス:
南海本線【住吉大社駅】から徒歩約2分 
南海高野線【住吉東駅】から徒歩約5分 
阪堺電気軌道阪堺線…【住吉鳥居前駅】から徒歩すぐ

◆参考:住吉大社公式ホームページ

大阪市にある「住吉大社」は全国に約2300社もある住吉神社の総本宮となります。

広く美しい境内には国宝に指定されている神社建築史上最古の「住吉造」の本殿や反橋、樹齢1 000年を越える御神木など歴史を感じることが出来ます。

住吉大社では分散参拝を呼び掛けているため、初詣は12月1日~3月末までされています。(※昨年)

おふだや御神矢などの授与品も12月1日から用意されているそうで参拝できない方のために配送もされています。 

また、おみくじは筒の代わりにスマートフォンで引くおみくじなどの感染対策もされています。

 住吉大社では数量限定で正月限定の刺繍御朱印が授与されていて人気があります。

期間は1月1日~16日までで初穂料1000円となっていて、通常の書置き御朱印は17日からの授与になり、正月期間は授与されていません。

住吉大社の八詣での御朱印
出典元:住吉大社

住吉大社の初詣2023の屋台情報

屋台のタコ焼き

住吉大社では毎年約350店舗の屋台が出店されています。 

定番のベビーカステラ・たこ焼き・フランクフルトなどはもちろん、オムそば・甘栗・生姜湯など種類豊富に出店されていて遊戯系もたくさん出店されています。

中でも1番のオススメは住吉大社名物の「たまごせんべい」です。、たこせんべいの上に目玉焼きを乗せてソースとマヨネーズをかけた大阪人が大好きな味です。

屋台は例年12月31日の22時頃から1月1日の22時まで営業しています。

2日~5日は10時頃から閉門の1時間前までたくさんの屋台を楽しむことが出来ます。

しかしながら、2021年・2022年の屋台の出店はコロナの影響で中止になってしまいました。

2023年の出店にも影響が出る可能性がありますので直前に確認しておきましょう。

住吉大社の初詣2023の人数

住吉大社の初詣は全国から参拝者が訪れる大人気のスポットとなってます。 多い年は元旦だけで約150万人も訪れ、毎年230万人の参拝客が訪れています。

住吉大社の初詣2023の混雑状況

大晦日の22時頃から参拝者が増え始め0時になると太鼓が打ち鳴らされ年明けとなります。

2022年から分散参拝が呼び掛けられているのでかなり参拝客数は減ったようですが、それでも三が日は大混雑します。

【混雑のピーク時間】 

  • 大晦日…23時頃~ 
  • 1日…0時~3時・9時~18時 
  • 2・3日…10時頃~14時頃 

1日(元旦)の0時~3時と9時~15時が1番のピークで、2・3日の10時~14時もかなりの混雑ぶりです。

三が日だけで230万人の参拝客が訪れるので混雑は避けられません。

そうなると、穴場の時間帯があるのかと考えますよね。

【穴場の時間帯】 

  • 1日…3時~9時 
  • 2・3日…早朝~10時か14時以降

が、比較的スムーズに参拝できそうです。

4日以降になると比較的空いてくるのでゆっくり参拝したい方にはオススメです。

住吉大社の初詣2023の参拝時間

住吉大社

住吉大社に参拝時間(開門時間)は大晦日・三が日で異なっていますのでご注意ください。

  • 大晦日…22時~ ※大晦日は17時で1度閉門します。
  • 元旦…前夜~18時 
  • 2~5日…6時~18時 
  • 6日~…6時半~17時

住吉大社の初詣2023の駐車場

正月期間は住吉大社周辺で交通規制が掛かり、住吉大社の有料駐車場も閉鎖されています。

大混雑していますが近隣の駐車場を利用しましょう。

タイムズ 南海住之江北 

◆住所: 大阪市住之江区浜口東3丁目1

◆台数 :42台 

◆料金 :20分 110円 

◆最大料金 :24時間 550円

タイムズ 住吉公園駅前

◆住所: 大阪市住吉区長峡町3-5 

◆台数 :25台 

◆料金 :7時~21時60分 220円 /21時~7時60分 110円 

◆最大料金 :24時間700円 

三井のリパーク 住吉大社前第2駐車場 

◆住所: 大阪市住吉区長峡町3-1

◆台数 :12台

◆料金:0時~24時40分200円

◆最大料金 :24時間 700円

住吉大社のパワースポットは?

住吉大社は「航海安全の神」「祓の神」「農耕の神」「和歌の神」「武の神」「相撲の神」として信仰 され、「家内安全」「商売繁盛」「縁結」などのご利益があるとされています。

他にも大阪随一のパワースポットと言われるほどたくさんのスポットがあります。

例えば… 

  • おもかる石…心願成就 
  • 五大力の石探し…体力・智力・財力・福力・寿命の運力がアップ 
  • 反橋…渡るとお祓いされる 
  • なで兎…無病息災 
  • 初辰まいり…商売繁盛・家内安全 
  • 侍者社…縁結び など

さいごに

以上「住吉大社の初詣2023の屋台情報!人数と混雑状況や駐車場についても解説」をお届けしました。

関西では参拝者数1全国でも10位以内に入る住吉大社の初詣ですので、混雑を避ける事は難しいかもしれません。

落ち着いてゆっくり参拝したい方は穴場の時間帯や4日以降に参拝すると良いですよ。

大変な混雑の為、住吉大社周辺は交通規制がされ、住吉大社の専用駐車場も閉鎖されてしまいますので、車でお出かけになる方は事前のチェックが必要となります。

屋台については昨年までは感染対策の一環として中止となっていました。

2023年の屋台の有無はまだ発表されていませんので、お出かけになる際は住吉大社公式ホームページなどでご確認くださいね。

タイトルとURLをコピーしました