九品仏浄真寺の初詣2023の混雑は?拝観時間や駐車場情報!除夜の鐘がつけるか解説

初詣

東京都世田谷区の九品仏浄真寺は、東急東横線自由が丘駅の近くであるにも関わらず、とても落ち着いたゆったりとしたお寺です。

秋の紅葉が大変美しい事でも有名ですが、あまり知られておらず、比較的静かにお参りできます。

ここでは、初詣の場所をお探しの方に、穴場スポットとして九品仏浄真寺を紹介します。

2022年は感染対策のため、例年とは拝観時間が違いますので注意してくださいね!

九品仏浄真寺の初詣の混雑予想や駐車場情報、そして除夜の鐘はどうなっているのかを地元民で何度も足を運んでいる私が解説します。

九品仏浄真寺の初詣2023の基本情報

◆名称:九品仏浄真寺

◆住所:東京都世田谷区奥沢7-41-3

◆拝観時間:6:00~17:00(令和3年12月現在は6:00~16:30)

◆拝観料:無料

◆アクセス:東急大井町線「九品仏駅」 徒歩2分(すぐに参道です)
東急東横線「自由が丘駅」 徒歩10分

◆駐車場:あり(無料)

九品仏浄真寺は、東急大井町線「九品仏駅」を降りると直ぐに参道が始まり、2分も歩けば総門があるという駅近で、しかも坂や階段もないので、ご高齢の方にも大変人気のあるお寺です。

また、オシャレな街として度々テレビでも紹介されるので知らない人はいないほど有名な街自由が丘から歩いて10分という立地なのですが、

あまり多くの人には知られていなく、大変穴場なスポットとなっています。

秋には紅葉が見事ですし、九体の阿弥陀仏や、東京都の有形文化財に指定されている黄金のご本尊など見どころもあります。

初詣に訪れる方も多くいらっしゃいますが、東京都の有名な初詣スポットのように、人々が押し寄せることもなく、比較的ゆっくりとお参りできますよ。

九品仏浄真寺の初詣2023の混雑は?

先にも書きましたように、多くの人々がどっと押し寄せるお寺ではありません。

それでも、初詣ですからそれなりに混雑はありますが、押し合いへし合いになることはありません。

本堂の拝観場所に向かって並びますが、九品仏浄真寺は境内が広いので、詰め詰めではなく一本の行列ができているという感じです。

人気の時間帯は、行列が長くなり1時間弱ほど並びますので、寒さ対策はバッチリしてくださいね。混雑していない分、風が通り抜けて寒い場合があります。

混雑を避けてお参りしたい方は、早朝が空いていますので、朝の10時までには行かれるとよいかと思います。

混雑する時間帯は、12時~16時です。

例年ですと、年越しの時間帯にも写真のような行列ができます。

九品仏浄真寺の初詣2023の拝観時間

※昨年の情報です

2023年の拝観時間は通常の拝観時間と同じく

6:00~16:30

となっています。

例年ですと、12月31日の大晦日から元旦にかけてお参りできるのですが、感染対策のため夜中の拝観は取り止めになることが決定しています(九品仏浄真寺さんに確認済み)。

2021年度・2022年は年越しの参拝が中止となり残念でした。2023年は以前と同じように年越しの参拝ができるとよいですね。

年越し参拝ができなければ、12月31日も16時半に閉門してしまいますのでご注意ください。

九品仏浄真寺の初詣2023の駐車場

九品仏浄真寺には参拝者用の専用駐車場が40台ほどありますが、実際に訪れた事がない人には非常に分かりづらいです。

一見しただけでは、駐車場の入り口がわからないのです。

ですので、ネットで調べても駐車場無しと書かれているものも見受けられます。

駅近であることや、実際を知らない人が多いという事もあり、紅葉の季節の土日や初詣時でも駐車可能な場合も多々あります。

私も実際、紅葉真っ盛りの休日に難なく停められてびっくりしました。

ですが、やはり絶対に停められるわけではありませんので、近隣のコインパーキングもチェックしておかれるとよいでしょう。

九品仏浄真寺の駐車場入り口は、東門です↓↓

こちらの東門から入って右側が駐車場です。周辺は住宅となりますので、並んで待つようなことは近隣の方の迷惑となりますので避けた方がよいと思います。

また、近隣には規模は小さいものの、コインパーキングはたくさんありますので、ほどなく見つけられると思いますが、

一方通行が多い地域でもあり、迷ってしまう場合もあるかもしれません。

そんな時は駐車場予約システム【akippa(あきっぱ!)】が大変便利ですよ!

空いていれば、直前でも予約できますので参拝者用の駐車場が満車と分かってからでも探すことができ、15分単位で借りることができます。

九品仏浄真寺では除夜の鐘はつくことができるの?

九品仏浄真寺では、残念ながら一般人が除夜の鐘をつくことはできません。

除夜の鐘は、九品仏浄真寺の僧侶によってつかれます。

例年であれば、12月31日大晦日の23時半ごろから並んでいると、厳かな境内の中で、除夜の鐘が鳴りだし、その心地よい音色に耳を傾けながら参拝の時を待つことが出来ますが、

2022年度は、夜中の年越しの参拝は中止となっていますので、それもかないません。

ただ、九品仏浄真寺さんに確認したところ、除夜の鐘は例年通り僧侶によってつかれるということです。

\お年賀やお土産に!/

さいごに

以上「九品仏浄真寺の初詣2023の混雑は?拝観時間や駐車場情報!除夜の鐘がつけるか解説」をお届けしました。

若者に人気の街「自由が丘」にほど近い九品仏浄真寺は、人気の街にあるにも関わらずあまり知られていない穴場スポットです。

住宅街にあるお寺ですので、近隣の方のご迷惑にならないよう節度を持って参拝されれば、密も避けやすい場所でもあります。

寒さと感染対策をしてお出かけくださいね。

九品仏浄真寺はの紅葉の様子はこちら

九品仏浄真寺の御朱印などの情報はこちら

その他の初詣スポットはこちら

タイトルとURLをコピーしました