湯島天満宮の初詣2022の混雑や待ち時間!参拝や御朱印までの所要時間を解説

初詣

東京都文京区にある湯島天満宮(湯島天神)は、菅原道真公をお祀りしていることから受験の神様として、関東近県の方には馴染み深い神社です。

いつもは近所の神社で初詣を済ませる人も、今年は受験だからと、湯島天満宮を訪れる人も多くいらっしゃいます(我が家もそうでした)。

年明けからは受験シーズンに突入するため、正月3ヶ日を過ぎても参拝客で混雑するという特徴もあります。

ここでは、2022年の湯島天満宮の初詣の混雑状況や参拝・御朱印の待ち時間をまとめました。

私自身2019年1月4日に参拝しており、その時の様子も織り交ぜて解説していますので、参考になさってください。

神田明神(神田神社)の初詣2022の拝観時間や混雑具合を解説します
ここでは、商売繫盛や仕事運にご利益があり、アニメとのコラボが若い人に人気で聖地巡礼でも人気の高いスポットである東京都千代田区の神田明神(神田神社)の2022年の初詣の混雑具合や拝観時間を解説。駐車場も紹介します。

湯島天満宮の初詣2022の基本情報

◆名称:湯島天満宮(湯島天神)

◆住所:東京都文京区湯島3-30-1

◆TEL:03-3836-0753

◆開門時間:6:00~20:00(※年末年始は後述)

◆御朱印受付:8:30~17:30(※年末年始は後述)

◆アクセス:
・東京メトロ千代田線「湯島駅」徒歩2分
・東京メトロ銀座線「上野広小路駅」徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」徒歩10分
・都営地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」徒歩5分
・JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」徒歩8分

◆駐車場:敷地内駐車場なし

湯島天満宮(湯島天神)は、菅原道真公を御際神としていることから、関東近県では学問の神様として有名で、毎年多くの受験生が祈願に訪れています。

それと共に、梅の名所でもあり、受験シーズンと梅の見頃が重なることから、特に冬に多くの参拝客が集中します。

初詣も受験を控えた受験生やその保護者たちが多くの参拝に訪れるのもあり、三が日で約35万人~40万人が訪れています。

決して広くはない境内ですので混雑が予想されます。時間を上手くずらすなど工夫をすることで感染リスクを低くすることが可能です。

湯島天満宮の初詣2022の参拝時間

湯島天満宮の初詣は、通常の参拝時間と異なります。

12月31日・・・8:30~21:00

元旦 ・・・0:00~21:00

1月2日・・・8:00~21:00

1月3日・・・8:00~21:00

1月4~7日・・・8:00~20:00

※御朱印の受付時間も同じです(7日は18:00まで)。

湯島天満宮の初詣2022の混雑状況

公式ホームページによりますと、2022年度の参拝客は25万~30万人程度と予想されています。

湯島天満宮は、例年35万~40万の参拝客が正月三が日に訪れています。

境内は広くはありませんし、梅の木が所狭しと植えられており、印象としては実際の参拝客の人数よりも多く感じ、相当混雑している感じると思います。

特に混雑する時間は、元旦の0:00~2:00と10:00~16:00と、1月2.3日の10:00~16:00です。

2021年は分散参拝が呼びかけられていましたので、例年ほどの混雑はありませんでしたが、2022年度は例年ほどではなくても混雑は戻ってくると予想されています。

混雑すれば、参拝の列は境内内には収まらず、最も混んでいる時間帯ですと、表鳥居を超えて「三組坂上」交差点辺りまでの列になります。

湯島天満宮の初詣2022の待ち時間

混雑が予想されるとなると、参拝や御朱印の待ち時間はどのくらいなのか気になるところです。

先に書きましたように、混雑すれば参拝の列は境内内には収まらず、最も混んでいる時間帯ですと、表鳥居を超えて「三組坂上」交差点辺りまでの列になります。

本殿から「三組坂上」交差点までは約300メートルで、所要時間は約45分程度です。

しかし、これは参拝するだけの列です。

御朱印をいただきたい方は、境内内の御朱印の列に並びなおしとなります。

境内には、御朱印をいただく列が別に設けられ、私が伺った2019年1月4日は「御朱印は諦めようかな」と思うほどの大行列。

夫婦二人で行ったものの、境内の狭さから連れと一緒に並ぶことが出来ず、一人で並ぶようにアナウンスがありました。

ただ、これは御朱印の受付の列で、受付後番号札をもらい近くで待つことになります。

御朱印をもらい終えるまでに1時間以上かかりました。書置きの御朱印もありますが、同じ列に並ぶため所要時間は変わりません。

2022年度の混雑状況は、例年ほどではないけど混雑するという予想ですので、

参拝までの所要時間:30分程度

御朱印頒布までの所要時間:40分程度

と思われます。

湯島天満宮の初詣の後は絶品親子丼

余談ですが、湯島天満宮にお参りした時にいただいた親子丼が絶品でした。

トロトロの卵がたまりません。

湯島天満宮のすぐそばにあるので、お参りの後に立ち寄るのにちょうどいいのですが、ランチ時は混んでます。

通常は日曜祝日は定休日なのですが、お正月元旦~1月4日までと、1月10.11日は、ランチのみ営業しています。

メニューは親子丼のみなのですが、メニュー1種類だからなのか回転が早いので、多少並んでいても思ったほどの待ち時間ではありませんでした。

参拝に時間がかかって、小腹が空いたら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

<鳥つね 湯島天神前本店>

住所:東京都文京区湯島3-29-3

TEL:03-3831-2380

メニュー:上親子丼1500円

さいごに

以上「湯島天満宮の初詣2022の混雑や待ち時間!参拝や御朱印までの所要時間を解説」をお届けしました。

受験生とその親御さんが多い湯島天満宮(湯島天神)の初詣は混雑が予想されますので、混雑を避けたい方は時間をずらすなどの工夫が必要です。

我が家の場合は、1人が御朱印の列に並んでいる間に、受験グッズ(御守りや鉛筆・必勝ハチマキなど)を購入したり、絵馬を書いたりしていました。

あと、梅の花の名所でもありますが、梅の花はまだ1輪も咲いていませんでした。

湯島天満宮から徒歩で10分足らずの神田明神も初詣の人気スポットです。オリジナルグッズも洒落たものや可愛いアニメのものまで、たくさん揃っています↓↓

神田明神(神田神社)の初詣2022の拝観時間や混雑具合を解説します
ここでは、商売繫盛や仕事運にご利益があり、アニメとのコラボが若い人に人気で聖地巡礼でも人気の高いスポットである東京都千代田区の神田明神(神田神社)の2022年の初詣の混雑具合や拝観時間を解説。駐車場も紹介します。

言わずと知れた、大人気スポットはこちら↓↓

明治神宮初詣2022の人数は?混雑具合を解説!空いてる時間はあるのか
来年の初詣はどこにしようかなとそろそろ考える時期ですね。都内の初詣の人気スポットである明治神宮の2022年の初詣について、毎年の人数や混雑はどのくらいなのかや、屋台はどうなってるの?など、2022年の明治神宮の初詣情報をお届けします。

春の桜が有名!標本木があることでお馴染みの神社で初詣↓↓

靖国神社の初詣2022は混雑する?屋台や駐車場の情報も解説します
東京都千代田区にある靖国神社は、8月の終戦日に閣僚が参拝することで有名ですので、訪れた事はなくても名前だけは知っているという人が多い神社です。 何となく特別な雰囲気がある神社で、初詣でも人気があり毎年約12万人の参拝客で賑わいます。 ...
タイトルとURLをコピーしました